無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第53話

高校生活最後


" 卒業おめでとう "


そうして私達は卒業を迎えた。
抱き合う友達。


最後の最後まで教室の後ろで遊ぶ男子達。
そんな光景ももう見られくなるのかっ思ったら


ちょっと寂しい。
相澤 舞
あなた ~ !!
あなた

また、泣いてる。笑

相澤 舞
だっでぇ…!
初っ端から涙と鼻水を垂らしてるこの子。
武知海青
舞ちゃぁぁぁん!
相澤 舞
海青くぅぅぅぅん!
なんだこのバカップル。


朝から頼もしい。
武知海青
絶対待っててね。
早く僕も卒業して舞ちゃん迎えに行くからっ!
相澤 舞
うんっ!待ってるよ。
"  待っとって  "


文化祭のあの時の言葉は1度も頭から離れたことは無い。
佐野玲於
よっ。
あなた

玲於、おはよ。
相変わらず今日も遅いね。

佐野玲於
俺のスタイルは変わんねぇよ。
あなた

いや、どこで意地張ってんの?

佐野玲於
いいだろ、別に。
あなた

良くないよ!
こから社会に出たら遅刻なんかっ…

佐野玲於
うるさい、おばさん。
あなた

っ…!

近所のおばちゃんに似てるだとか


散々な言われ用で今に至ります。


よく、おばさんって呼ばれる。
デリカシーの賭けもない遅刻野郎。
こうして玲於の机に伏せてる姿ももう今日で終わり。
あなた

楽しかったなぁ…

佐野玲於
なになに、怖っ。
あなた

うるさい、思い出に浸ってんでしょ。

佐野玲於
引きずる系ね。はいはい。
あなた

うるさい!

佐野玲於
もう、会えねぇんだな。
は?


この変わりっぷり犯罪に近いよ?
あなた

…何急に。

佐野玲於
いや?もう、…見れねぇんだなって。
ずっと見つめてくるしっ!


なんなの!
佐野玲於
お前のマヌケ顔。
あなた

玲於の馬鹿!

嘘嘘!ごめん! 


謝ってきてるけど笑ってるよ!この人!
先生
は ~ い、席付け ~ 。
ガラッと椅子の引く音が響く。
先生
はい、今日で最後だ。
悔いのない人生を歩め。
普段は怒りっぽくて熱血な担任が泣いた。
その驚きでクラス中がざわつく。


…龍友と会ってない。


今日。


ちゃんとバイバイしなきゃ。
.
緊張の4時間。


その鎖から解けて開放された。
相澤 舞
あなた、今までありがとう。
ほんとに楽しかった。
あなた

こちらこそだよ!ありがとう。

相澤 舞
また、会おうね。
あなた

当たり前じゃん。

相澤 舞
またね。
あなた

うん。

やっぱさみしい。
トントンとされ、振り向くと
あなた

玲於

佐野玲於
最後にお前の顔見に来た。
あなた

え?

佐野玲於
笑えよ。おばさん。
あなた

ちょ!

佐野玲於
うそだって。怒んなよ。
あなた

最後までウザかったです。

佐野玲於
うっさ。
…なぁ、あなた。
あなた

ん?

佐野玲於
幸せになれよ。
私の頭をぐっと掴まれた。


玲於の手に髪の毛をわしゃわしゃにされた。
あなた

…玲於もね。

佐野玲於
おばさんに心配されなくても大丈夫。
あなた

っ、最後までおばさんで貫く気!?

佐野玲於
俺のスタイルは変わんねぇって言っただろ。
じゃあな、と手を振って玲於は去っていった。


最後は、あの人。
自然に目に入ってくる龍友。


特技は龍友をいち早く見つけること。
あなた

龍友!

声をかければ
数原龍友
あなた!
駆け寄ってきてくれて
数原龍友
寂しなるなぁ。
あなた

うん。

龍友のブレザーのボタンは無くなってた。


あ、モテるんだ。


龍友。


私も、欲しかったなぁ…なんて。
数原龍友
あ、これ。あげるわ。
手出して、と言われて前に出すと
龍友から渡されたもの。


それは
あなた

ボタン…

数原龍友
ん。あげるわ!
誰も取ってくれへんし
仕方ないであなたに上げようかなって。
あなた

ふふっ、ありがとう。大事にする。

数原龍友
おう!じゃ、また。
あなた

うん。

手を振り去る龍友。


と、思いきや、
数原龍友
待っとって!
あなた

…うん!

二人で大きく手を振った。


私も、もう大人…になるんだ。
桜の花が咲き始める頃。


18の高校生活に幕を下ろした。