無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第41話

関西トーク
龍友side
あんれから、モヤモヤモヤモヤして落ち着けへん。


いつもの喫茶店で男子トーク。


周りはのほほんとしたおじ様ばかりで


ちょっと気が引けるけど、そんなことお構い無し。
数原龍友
なぁ、裕太くん、どう思う?
中務裕太
いい事やん。
数原龍友
何がいい事や!
中務裕太
なんで龍友くんそんな否定気味なん?
普通大事な友達やったら応援するやろ!
そうやけど。


…?


大事な友達。


そうや?


あなたは大事や。


大切で大事な人。
中務裕太
否定する理由あるん?
数原龍友
…っない。
中務裕太
なら、祝福したれよ。
数原龍友
それが出来へんから聞いとるんやろ!
中務裕太
できない理由、まだ龍友くん気づいてへんのや。
数原龍友
なに?なんの理由?
中務裕太
さぁ?それは俺が言うまでもないで。
裕太くん意外と恋愛のスペシャリストやねん。


尊敬する。
数原龍友
はぁ…イラつく。
なんで玲於ちゃんがあなたと?
中務裕太
ほんま、なんやねん。
話あるって聞いて来たらそればっか。
も ~ 、飽きた。他の話ないん?
数原龍友
飽きたってなんやねん。
飽きるも飽きないもないやろ!
中務裕太
ん?龍友くんハンカチ買ったん?
数原龍友
え?あ、
裕太くんが指さすのはブレザーに入ったハンカチ。
数原龍友
先輩に貰ってん。
僕の好きな先輩。
中務裕太
へぇ、良かったやん。
数原龍友
あっ!!!
中務裕太
うっさいわ。
数原龍友
まだ話ある。
中務裕太
豊富やなぁ。
裕太くんに僕と泉ちゃんは両想いやってことを伝えてあげた。


でも、付き合えへん。
中務裕太
なんでなん?
好き同士なら付き合うやろ。
数原龍友
先輩転校するらしい。
大切な人を作りたくないって。
中務裕太
さすが、一個うえなだけある。
数原龍友
…大人、やな。
僕も大人にならへんとあかんのかな。


いつまでもグチグチ言っとったらダメや。
中務裕太
ま、、龍友くんが気づくの
めっちゃ遅なりそうな予感。
数原龍友
もう、なに?さっきから気づく気づかんって。
中務裕太
自分で解決せ。
と、りんごジュースを頬張る裕太くん。


見た目とのギャップよ。
中務裕太
龍友くんも、やで?
数原龍友
げっ、
実は、僕はオレンジジュース。
中務裕太
お互いギャップあんねんな。
そうニヤつく裕太くん。


見透かされた感じで腹立つわ。


ってことは、僕の気付かへん心も裕太くんは


気づいてるって事か。
数原龍友
裕太くんって神?
中務裕太
ん?今更何言ってんねん。
数原龍友
あ、悪ぃ。
中務裕太
釈迦でもあんねんで。
数原龍友
し、釈迦…?
中務裕太
覚えとき。
数原龍友
覚えとかん。
中務裕太
うわ。
数原龍友
はぁ、思い出すだけでイラつくわ。
完璧、玲於ちゃんに変な対抗心待ってまった。
中務裕太
やれやれや。