無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第47話

つもり
あなたside
あなた

龍友に悪いことしちゃった…

ただいま、部屋であっちに行ったりこっちに行ったりと


絶賛、反省中です。
謝らなきゃだけど、どうやって言ったらいいかわかんないし。


でも、理由ちゃんと言った方が…!


ああああああ、


悩む一方です。
明日、文化祭、龍友と回れないかぁ…


去年は私がお願いして一緒に回った。


それはそれはすごく楽しくて幸せな日だった。
だからっ、、今年もっ。

prrrrrrrrrr
あなた

わっ…!!

ベッドで震える携帯。
画面には


" 龍友 "
と、書かれてあり、一気に緊張が走る。
ゆっくりと画面に触れて耳に携帯を当てる。
あなた

もしもしっ…

数原龍友
よっ。
聞こえたのは安心する声。


良かった、怒ってなかっ…
数原龍友
今日、玲於ちゃんと帰る予定やったん?
あなた

いやっ、そんなことっ

数原龍友
そうなら言ってくれればよかったのに。
あ、それに早く僕に伝えて欲しいわ。
心の準備出来とるの?
あなた

え!?今!?

数原龍友
めっちゃいいタイミングやろ?
無理無理無理!


告白するなら明日って決めてるもん。


遅まるなら話は分かるけども!!


急遽早まるなんてもっと無理。
あなた

明日っ…放課後…言うね。

数原龍友
なんや ~ 、そんな改まらんでええのに。
あなた

改まるものでしょ。

数原龍友
そんな、大事なんやな…
そんな大事って、


大事に決まってる。


私の初めての告白になるんだから。


何言ってんだろ、龍友。
しかも、ちょっと寂しそだし…!?


もしかして…嫌…とか?
やばい変なこと考えちゃったら勇気縮んだ。
数原龍友
なぁ ~ 。
あなた

ん?

数原龍友
明日誰と回るの?
あなた

えっと、玲於と回るよ。

数原龍友
いつ?
あなた

いつって…明日だっ

数原龍友
1日?
あなた

それはないよ。
だって出し物の当番だって
玲於と全部一緒なわけないし。

数原龍友
そうなん!?
よしっ
え?


小さく、聞こえたのは幻聴?


私の聞き間違え??
ちょっとずつ心臓がはやくなる。
数原龍友
午後、一緒に回らん?
あなた

え!?いいの?

数原龍友
うん、去年も回ったしなぁ。
あなた

楽しかったよね、

数原龍友
あぁ、それに、泉ちゃんにも言われてんねん。
あなたと一緒に回ってあげて ~ って。
あなた

…え?泉さん?

なんで泉さんがそんなこと?


言われたから…?


私と、一緒に回るの?
数原龍友
そう、昨日。
…ちょっと嫌だ。


龍友の、意思で私と行ってくれると思ってたのに


泉さんの意思か…
あなた

うん、、分かった。

数原龍友
ほんま?
あなた

うん。

数原龍友
良かった、断られるかと思っとった。
あなた

断るわけないじゃん。

でもっ、


今年も一緒に行けるならそれで幸せだ!!


嬉しすぎるっ。
ベッドの上で足をばたつかせて


漫画の主人公のように可愛く喜んだ。(つもり