無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第24話

遅刻
やっと学校へ到着。
数原龍友
じゃ、またな!
あなた

うん、またね。

こうやって毎朝挨拶し合えるのもこの学期最後か。
夏休みに入れば龍友と会う回数も急激に減る。


その度、私は悲しみに浸るだろう。


けど、1日があるから頑張れるよ。私。
ダッシュで教室に入る前、
キーンコーンカーンコーン
丁度チャイムがなってしまった。
あなた

あ、

先生
はい、お疲れ様。
あなた

はぁ…

先生
こんな時まで寝坊とは。
ねぇ、お二人さん。
あなた

え?

あ、忘れてた。


寝坊&遅刻の王。


佐野玲於がいた。
あなた

玲於、

佐野玲於
…っざいま ~ す。
先生
おはよう。今日も遅刻か。
佐野玲於
すみません。
先生
後で堀田と佐野、職員室集合。
先生の不気味な笑顔から始まった終業式。
校長の長い話も当然聞かされて


眠い中頑張っていた。
相澤 舞
寝るなっ…あなた!
あなた

ふあっ…

相澤 舞
眠いのはわかるけど龍友がこっち見てるから!
龍友に反応した私。


目はガンガンに開いて
龍友と目が合う。
変顔してきてちょっとひいたけど


そんなところが好きなんだ。


ば ~ か


そう口パクで言う龍友に


う る さ い

そう言い返した。
そんな光景を玲於が見ているとも知らず。
.
相澤 舞
やっと終わったね!
あなた

だよね。

相澤 舞
校長先生の話長いんだよなぁ…
あなた

わかるわかる!

終業式は早く終わるからいいのに


なんて言ったって、私にはまだ居残りがある。
先生
気をつけて過ごすように。以上。
一学期最後のHRを、終えて
あなた

玲於、

カバンに荷物を詰め込んで行く準備。
佐野玲於
なに。
あなた

一緒に行こ?

佐野玲於
ああ、うん。
すっかり元気になったような玲於で安心。
ドアのそばで待っている玲於は


余程人気で1年生や同学年の子が玲於に会いに来ている。


黄色い歓声ってやつ?


なんか隣りずらいんだよな。
あなた

ごめん、玲於。

佐野玲於
おう、
素っ気ない玲於。


どこがいいんだろ。


意地悪でいっつもいじめてくるのに。


でも、優しい1面も。
そういうところかな。
早く歩いていってしまう玲於の横に追いつくと


来んな


と、邪魔者扱いする。


つい反抗的になって玲於の腕を掴んで止まる。


お返しだ。
佐野玲於
…なに
あなた

なんで先行っちゃうの…?
私の事置いていかないでよ。

可愛い子がいえばかわいくなる言葉。


私にはもちろん向いていない
真剣な目で私を見てる玲於。
あなた

うそうそ、さ、行こ。玲於。

玲於の腕を離して職員室に向かおうとしたら
玲於に手を掴まれて
あなた

玲於?

佐野玲於
あんさ、そういうこと簡単に
誰にでも言うの良くないと思うけど。
あなた

え?

佐野玲於
その顔でその言葉俺以外に言うなよ?
グサッ…


きついなぁ、今の。


玲於に言われ慣れてるのに今のは傷ついた。
やっぱ、駄目だったかぁ。


玲於には叶わない。
それからは素直に玲於の後ろを歩いた。


今日はご機嫌ななめな玲於さん。


なかなか口を聞いてくれない。
ま、そんな時もあっていいかな、なんて。
佐野玲於
失礼します。
あなた

失礼します。

職員室に入るとやっぱ、コーヒーの匂い。


私の担任の元へ。
私の担任の後ろに泉さんがいた。


呼ばれているのか。
先生
お前ら、今日も遅刻とか緊張感持ってるか?
佐野玲於
すみません。
あなた

私は今日が初めてですよ!?

先生
初めてでも何回目でも一緒だ。
式という時に遅刻なんて有り得ないぞ。
あなた

ごめんなさい…

うるさい担任だ。
先生
二学期遅刻したらペナルティだな。
特に佐野!
良かった…私は回避…
先生
堀田、お前もだぞ。
あなた

ええ!

先生
ま、その時のお前らの気持ち次第だな!
悪魔だ、この人。



" 転校の手続きだが… "


え?
後ろで聞こえた会話。


転校


というフレーズに反応した。
振り向くとやはりさっきも話していた泉さん。
成瀬 泉
9月21日には現地なので…
それって、文化祭回れないんじゃ…
先生
わかった。
気をつけて夏休み過ごしてね。
成瀬 泉
ありがとうございます。
いつ見ても綺麗な泉さんだったが


今は寂しそうで壊れてしまいそう。
先生の話なんか頭にない。


ただ、泉さんが転校しちゃうと龍友が…
先生
おい!堀田!
職員室を出てたまたま見えた泉さんの目を擦ったところを見て


私はいつの間にか走り出していた。
龍友の悲しむところなんか見たくないから。