無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第11話

好きになる理由
そして、その次の日もその次の日も龍友の相談に乗った。


なれない。


普通に辛い思いは当然ある。
あなた

んで?文化祭回るの?

数原龍友
ん ~ 、誘ってみんと分からへんけどな。
あなた

ふ ~ ん …

嬉しそうな顔するんだもん…


止める気はなかったけどもっと止められない。


チャイムが鳴る前に、教室に戻っていく。


その時も、見えなくなるまで振り続けてくれた。
私、舞と回ろうかな…


っても、舞彼氏さんと回るかなぁ。
あなた

舞 ~ 、文化祭彼氏と?

相澤 舞
うん!そうだよ!
あなた

分かった。

舞の彼氏さんはね、年下。


武知海青くん。


1年生で凄く人気で筋肉がすごいの。


凄い1年生が入学してきたぞって話題になった。
舞からのアプローチで付き合うことになったんだって。






私もアプローチしたら振り向いて貰えるのかな。


何度も何度も舞に聞いた。
なら、どうしようかな。


あ、玲於
って呼ぼうと思ったけど


まだ、来てない。


はぁ、まった、寝坊したんだ。
"  キーンコーンカーンコーン  "
チャイムが鳴る前に必ず入ってくる玲於が来ない。
あなた

あれ、

先生
はいーおはよ。
今日佐野は欠席だ。
珍しい。


玲於が休むなんて。
ちょっと寂しい気持ちで一日が始まった。
.
移動教室の時。
相澤 舞
ほら、数原いるよ!
舞に言われて見た運動場。
あなた

サッカーしてる。

みんなと笑いあってボールを追いかける。
相澤 舞
サッカーのイメージ無い。
あなた

それもギャップでカッコイイよね。

相澤 舞
わぁ、ぞっこんだ。
あなた

ぞっこんだよ。

相澤 舞
早く付き合って欲しいなぁ。
あなた

その依頼今すぐにでも叶えてあげたい。

相澤 舞
ふふ、私も相談乗るから!
元気だしなって!
あなた

も ~ 、彼氏いるくせに。

ぽんと私の肩を掴む。
運動場を見るのを終えたその時。
目の前の人がハンカチを落とした。
私はすぐさま拾いに行って、前の人の肩を叩いた。
あなた

あの、落としました…

成瀬 泉
あ、ありがとう。
あ…
あなた

いえっ…

あの人。
相澤 舞
ねぇ、あの人って…
あなた

うん…

はぁ、こんな形で関わってしまうとは。
綺麗すぎる…


こんなの勝ち目ない。
相澤 舞
…頑張れ。
あなた

無理だ…

好きになる理由は分かってしまう。