無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第61話

変わらない
9.20
ついに、この日が来ました。
集合時刻は13時。
今、10時。
あなた

ふぁ…

楽しみにしていたこの日が来た。
この日のために用意した服。


うん、大丈夫。
鏡の前で何度も何度も確認する。


髪の毛もボブだからコテを使ってアレンジ。


それにしても、龍友に変に思われないかな、とか考えちゃう。
早く、来ないかな、
.
関口メンディー
みんな!久しぶり!
会場に着くと


入口に舞がいた。


その隣には…ん ~ 、誰だろ。わかんない。
あなた

舞…?

相澤 舞
えっ、あなた?
あなた

舞!

相澤 舞
あなたじゃ ~ ん!!!
駆け寄って抱き合う。


はぁ、久しぶりすぎて感動。
会いたかった。
あなた

久しぶり!

相澤 舞
ほんと!
あなた髪切ったの!!
あなた

そう!

相澤 舞
似合ってるわ!
あなた

ありがとう!

そしたら、
佐野玲於
相変わらずマヌケ顔はそのまんまだな。
あなた

え?

ひょっこり出てきたのは…


玲於…?
あなた

玲於?

佐野玲於
おう、久しぶり。
すっごく大人になった玲於。


かっこいい。
黒髪だった玲於が茶髪になってた。
あなた

久しぶり!

佐野玲於
髪、切ったの?
あなた

そうなの!

佐野玲於
…いいんじゃね?
それ、褒めてくれてる?
あなた

ありがとう笑

会わないだけで話し方がわからなくなる。
佐野玲於
…いんじゃん。
あなた

え?

玲於が顎で指示した先には
…!
あなた

龍友!

呼ぶと
数原龍友
お!
お互い大きく手を振って龍友がこっちに来る。


やばい、可愛い。
数原龍友
玲於!久しぶり!
佐野玲於
おうっ。、
数原龍友
大人になったわ!
佐野玲於
…龍友くん老けた?
数原龍友
老けたって失っ…!?
龍友が一旦止まった。


ん?


どうした?
数原龍友
今っ…龍友くん…って?
佐野玲於
え、ああ…
数原龍友
もうっ!!!玲於ちゃん大好き!
抱き着きに行こうとする龍友を頑なに拒む玲於。
この二人見てたら面白い。
そして、始まった同窓会。
ムードメーカーのメンディーくん。
龍友は私の隣にいて
数原龍友
あほやろ、ホンマに。
高校から変わってへん。
メンディーくんに大して結構な辛口龍友。
関口メンディー
ってことで今日は楽しい一日にしましょ!
かんぱーい!!!
カチンと触れ合うグラスたち。


一瞬でざわつき出す。
クラスメイトや友達と


高校時代の事を思い出して笑う。


あの頃、ああだったよね。


とか


文化祭楽しかったね、


とか。
もう、楽しすぎて舞い上がってた時。
数原龍友
あなたっ、、
私の名前を呼ぶ龍友。


来てくれればいいのに。
あなた

ん?

グラスを持って龍友に近づくと


グラスを近くにあった机に置き、
数原龍友
抜け出そ…
あなた

えっ、ちょ…!

どこかで見たことのある光景。


それは…


高三。


文化祭の片付けの時。
あの時と、一緒だ。
変わらない龍友の後ろ姿。


ガタイが更に良くなった。


首元の襟足。
全てまだ脳に鮮明に残っている。


消えない宝物。
人が私達の走る場所を作る。


みんなに見られてちょっと恥ずかしい。


その中に、玲於もいて。
目が合うと


" 頑張れ "


そういうように頷いてくれた。
最高の友達。
そして、繋がれてる左手。


変わらない温かさ。


好きだな。


ふと思った。