第54話

胸騒ぎ
410
2021/09/07 12:42
「もうベルとあなたのOZアカウント名はコンサートやらないの?」

「ベルとあなたのOZアカウント名の歌声がまた聴きたい」

「何で歌ってくれないの?」

「また邪魔されるのが怖いんだ」

「全部竜が悪い」

「早くアンベイルされろ」
内藤 鈴
内藤 鈴
もう竜のこと、そっとしておこうよ
秘密なんか知らなくていいじゃん
別役 弘香
別役 弘香
私たちがやめても無理だよ
『U』はクラスのちっぽけなSNSグループなんかじゃない
もう誰にも止められないよ



「竜ヨ消エロ」

「竜は何ノ価値モナイ」

「竜ハ存在スル意味ナイ」






『竜は『U』の秩序を脅かす危険な存在です
竜に関する新たな情報を求めています
ハッシュタグは#Unveil_the_Beast』



「竜は仙人みたいなクソジジイだ!」
「竜の正体は天才少年ゲーマーだ!」
「竜の中には、とんでとないエロ女がいるんだぜ?」
「竜は、実は大富豪だって?」
「対戦して精神的ダメージを受けたので、損害賠償を」





“「竜はキングカズマだ」”
(なまえ)
あなた
キングカズマ…かぁ……
別役 弘香
別役 弘香
たしかにキングカズマありえるかも…!
(なまえ)
あなた
……ん?
キングカズマぁ!?
内藤 鈴
内藤 鈴
!?
別役 弘香
別役 弘香
な、何!?
(なまえ)
あなた
いやいやいや、まさか、まさか、ね
あの子がそんなことするはずないし、でも一応電話を……


プルルルルルルルル
池沢 佳主馬
池沢 佳主馬
📞もしもし
何?
(なまえ)
あなた
い、今Uの竜に関しての書き込み見たんだけど……
池沢 佳主馬
池沢 佳主馬
その中に竜はキングカズマだって書き込みがあったから僕に確認の電話をかけた……そうでしょ?
(なまえ)
あなた
なんでわかったの!?
池沢 佳主馬
池沢 佳主馬
だいたい分かるよ
まあ、とにかく僕じゃないから
(なまえ)
あなた
あ、ああ……ありがと
池沢 佳主馬
池沢 佳主馬
📞じゃあ



「イェリネク
恋人が死んだばかりなのにデートかい?」

「彼は最高」

「待って
私は死んでない!」

「あら、生きてたの?」

「死んだのが彼女だなんて一言も言ってない」

「パクリ癖は彼の得意技
タトゥーも竜を見てパクってた」

「彼女は嘘を言っている!」

「彼はただの詐欺師!」

「負け犬は黙ってれば?」

「なんですって!?」

「盗作?絶対にありえない!!」



「僕は、人前で肌を見せないことで、何かを隠していると疑われている
この間も、『U』にいる竜の正体は僕じゃないか、って怒鳴ってる人がいた
でも、僕は悪役でもなければ乱暴者でもない
子供たちにとって、正真正銘のヒーローになりたいんだ」



「どうかびっくりしないでほしい
子供の頃の僕には手強い病気があって、いくつかの大きな手術を受けた
でもそのおかげで僕は、野球ができる体になったんだ」
「だからこれを見ている子供たちにも夢を諦めないで欲しい
このメッセージが、正しく届くことを願っています」
別役 弘香
別役 弘香
う〜〜〜ん
じゃあ竜って……




「許さない!」
ヒロちゃん
ヒロちゃん
あ!


「絶対に許さない!ワタシを傷つける奴らは、絶対に許さない!」
ヒロちゃん
ヒロちゃん
もしかして……、あんた、理想の夫婦?


「ハッ!?」
ヒロちゃん
ヒロちゃん
なんで赤ちゃんなの?


「ほ、本当のワタシは無垢な心の持ち主なの!」
ヒロちゃん
ヒロちゃん
嘘だね
かわいいキャラだったら、どんなヒドイ悪口言っても許されると思ってるんでしょ?




「ううう……!!うるさいっ!!」
ヒロちゃん
ヒロちゃん
わっ!!



ピュ〜〜〜ッ!!





「ねえ、ベルとあなたのOZアカウント名がまた歌ってくれるって本当?」
「そんなのただの噂」
「でもサプライズで歌うって」
「そんなのただのデマ」
「それでも、もし本当だったら……」
_Bell@ベル_
Bellベル
………!?
(なまえ)
あなた
あ、ジャスティス…
_Bell@ベル_
Bellベル
………!!
ジャスティン
ジャスティン
この光がなぜ正義の力なのか、わかりますか?
_Bell@ベル_
Bellベル
…………
(なまえ)
あなた
…………
ジャスティン
ジャスティン
通常なら、デバイスで読み取られた生体情報は、特殊なプロセスを経て登録したAsに変換されます
ですがこの光は、その変換を一切無効にしてしまう
オリジンそのものがダイレクトに『U』の空間上に描写されてしまう
こらがアンベイルのしくみです
創造主『Voices』しかし持てない権限と同じものを私は持っていると、言い換えてもいい
_Bell@ベル_
Bellベル
………
ジャスティン
ジャスティン
ところで、今までにこう思ったことはありませんか?『インターネットの内側にはなぜ警察がいないのか?』と
現実と『U』が限りなく近づいている今、警察機能が『U』にないのはおかしいだろう
誰もが感じる疑問です
そうでしょう。当然です
なのに「Voices」は、「公平であるために必要なものは既にある」として取り合わない
ジャスティン
ジャスティン
だが我々はそう思っていない
どんなところにも悪人はいる
人に迷惑をかけて秩序を乱す奴はいる
やりたい放題して世の中をせせら笑ってる奴はいる
だからそれに対抗する力が必要なのだ
どんな場所でも正義は必要とされるのだ
悪を叩きのめす力が必要なのだ
それが我々だ、と
_Bell@ベル_
Bellベル
………
ジャスティン
ジャスティン

醜き竜
奴がここ『U』を維持するため
アンベイルされるべき存在なのだ
なのに____
なぜ君たちは、いつも竜とる?
なぜ…………
ジャスティン
ジャスティン
竜の居場所を言え
口をつぐめば済むと思うな
言え。今すぐ。それとも
今ここでお前をアンベイルしてやろうか?
_Bell@ベル_
Bellベル
…………
………知っていたとしても言わない
ジャスティン
ジャスティン
何!?
_Bell@ベル_
Bellベル
あなたは正義なんかじゃない
ただ他人を屈服させたいだけ
だから言わない
(なまえ)
あなた
悪はあの竜じゃない、あなた
悪に協力する気はないから
ジャスティン
ジャスティン
………!!
_Bell@ベル_
Bellベル
くっ!!
!?
ジャスティン
ジャスティン
これ以上私をコケにするなら絶対に許さない
アンベイルなどできないと高を括っているな?
いいだろう
では今すぐ試してみよう
世界的歌姫が本当は何者か?その美しい皮膚の下にどんな顔を隠しているのか?
私にはだいたい予想がつくね
どうせ……
(なまえ)
あなた
………!!
ジャスティン
ジャスティン
もし真実が暴かれたら、一体誰がお前の歌なんかを、真面目に聞くかな………?
そうされたくなくば言え
奴は何者か?今どこにいるか?



「探シ物デスカ?」
ジャスティン
ジャスティン
あ?
なんだこれは!?



「アナタダケニ教エマス
他ノ人ニハ内緒デスヨ」
ジャスティン
ジャスティン
くっ……
うるさい!!
_Bell@ベル_
Bellベル
ああっ!!
ジャスティン
ジャスティン
うっ!!くそっ!!
_Bell@ベル_
Bellベル
あ!


「ぎゃんっ!!」
ジャスティン
ジャスティン
ハアッ……ハアッ…………
………?
………


逃げ出した私たちは気づきもしませんでした
ジャスティンは、何かを企んでいるように、ニヤリと笑っていたこと
_Bell@ベル_
Bellベル
助けてくれてありがとう
ヒロちゃん
ヒロちゃん
ホントによかったよー
(なまえ)
あなた
ホント、怖かったよー
内藤 鈴
内藤 鈴
彼に危険が迫ってる
味方になってあげなきゃ……
守ってあげなきゃ……
すずの父
すずの父
内藤 鈴
内藤 鈴
………ハッ!?
………なに?
すずの父
すずの父
何か困っていることがあったら___
内藤 鈴
内藤 鈴
ない
すずの父
すずの父
いいなさい
なんでも__
内藤 鈴
内藤 鈴
なんにもないよ!!
すずの父
すずの父
…………
___職場の皆さんからいただきました。食べてください。父____



「人が少なくなって、確実にこの地域は消えゆく運命にあります
山の美しさも清流の輝きも、誰も見る人がいなくなってしまうでしょう
実は大都市以外、どこも同じようになってゆくようです
ですからここは、この国の未来の姿かもしれません」
喜多さん
喜多さん
じゃあ、なんでそんなところに住むの?とよく聞かれます
畑中さん
畑中さん
都会の方がよほど便利じゃないかって
そのとおりです
奥本さん
奥本さん
それでもなぜ私たちは、ここに留まるのか
それは_______
中井さん
中井さん
それは、まだここにひとりだけ子供がいるんです
小さい時から一緒なので、私たちの子供みたいなものなんです
その子のために、ふるさとが消えてゆく速度を少しでもゆるやかにしたい
その子が巣立つまで、がんばんなきゃって
吉谷さん
吉谷さん
……ウフフ
前置きが長くなりました
では私たちの歌、よかったら聴いてください