第58話

446
2021/09/08 11:14
久武 忍
久武 忍
鈴、あなた、歌って
別役 弘香
別役 弘香
できないよ!!あなたちゃんならともかく、素顔で歌える子じゃないよ!
久武 忍
久武 忍
歌えるよ
別役 弘香
別役 弘香
歌えるわけない!
喜多さん
喜多さん
鈴、あなた
渡辺 瑠果
渡辺 瑠果
鈴ちゃん、あなたちゃん
奥本さん
奥本さん
どうする
吉谷さん
吉谷さん
鈴、あなた
中井さん
中井さん
歌った!
畑中さん
畑中さん
人前で歌えない子が!




きらめきの花 夢の宝石
世界は美しい






ザワザワザワザワザワ……


「ベル、あなたのOZアカウント名、アンベイルされるね
「オリジンを世界中に晒す」
「その意外な正体は!?」
「見た?」
「ベルとあなたのOZアカウント名が」
「アンベイル?」
「嘘!?」
「ベルとあなたのOZアカウント名の正体?」
「誰!?」







臆病と不安 縛られるけど
強く優しく なれたなら









「震えてる……」
「声は確かにベルとあなたのOZアカウント名だけど……」
「自信なさげ」
「悪いけど、気の毒なほどダサい娘
でも、あなたのOZアカウント名は理想通り」
「やめてくれ
夢を壊さないでくれ」
「ベルのままてまいてほしかった」



「でもさ、なんでベルとあなたのOZアカウント名はアンベイルされたの?」
「いやだから自分で晒したんだって」
「どうして自分で正体を明かしたの?」
「何か理由があるんだ」
「ああ、そうしなきゃいけない訳が」
「だとしたら何?」
「どんな訳が?」







「やっぱりね」
「そうだと思った」
「アンベイルされてかわいそうに」
「ダッサ」
「ククククッ」
ペギースー
ペギースー
ベル、あなたのOZアカウント名
あんな奴らに好き勝手言わせるなよ……



あの空は 戻らない
ひとりでは 生きられない
あいたい もう一度
胸の奥 ふるえてる

ここにいるよ とどいて
はなればなれの 君へ

目を閉じた 時にだけ
会えるなんて 信じない

あいたい
はなればなれの 君へ






オオオオオオオオオオオオオ!!


「やっぱり彼女たちは、オレたちのベルとあなたのOZアカウント名だ!」
「ベルとあなたのOZアカウント名に間違いない!」
「おそらくベルとあなたのOZアカウント名は特定の誰かに向けてこの歌を歌っているんだ」
「ああ、まるでそんな感じだ」
「この『U』にいる何十億の中のたった一人に」
「どうしても伝えなきゃいけないことがあるみたいに」
「そもそもベルやあなたのOZアカウント名はデビューからずっと、たった一人に向けて歌ってた感じだよね」
「そう、それが自分に向けて歌ってくれているように聞こえて、嬉しかったのを覚えてる」
「僕も……」
「私も……」
「でも本当は、誰に向けて歌っていたんだろう」
「気になるよね」
「誰なんだろう?」


「助けて!!……助けて!!」



「ああ、何てことだ!」
「助けなきゃ!」
「いや、行くな!」
「なぜ!?」
「助ける方も溺れる!」
「ならどうする!?」
「浮き輪を投げて摑まらせろ!」
「無理だ!子供だぞ!」
「警察かレスキュー隊を!」
「間に合う訳ないだろ!」
「じゃ、どうする!?」
「どうするんだ!?」
「どうする!?」







『行かないで、かあさん!!行かないで!!」
「ダメだよ
行かなきゃあの子が死んじゃう」
『かあさんっ!!かあさんっ!!かあさんっ……!!』




「早く早く!」
「大丈夫!?」
「救急車!」
「急いで!」
「早く!」
「がんばれ!」
「もうすぐだ!」
「助かった……!」
「よかった……!」




『かあさん……かあさん……
………かあさんっ!!
かあさんっ!!』
内藤 鈴
内藤 鈴
……ハッ!?
か………
行かないで………!!
久武 忍
久武 忍
鈴!
久武 忍
久武 忍
俺は鈴のお父さんじゃないし、仲良しな女友達でもない
けど、もうひとりくはい鈴を心配してる奴がいてもいいって思うんだ
渡辺 瑠果
渡辺 瑠果
あ、それでおかあさん……
奥本さん
奥本さん
しのぶくん、ひとりじゃない
私らだって
中井さん
中井さん
ずっと鈴のお母さんがわりだって、思ってたんだ
喜多さん
喜多さん
お母さんのつもりで笑って、怒って、泣いて……
畑中さん
畑中さん
頼りないダメ母親たちだったけど
吉谷さん
吉谷さん
私たち、鈴のおかげで、うんと幸せになったんだよ
内藤 鈴
内藤 鈴
恵くん……
どこにいるの……?ねえ応えて……
声を聞かせて……
恵くん……
ねえ、恵くん……!!
(なまえ)
あなた
どこっ!?
恵くん……!!
お願い、どこにいるの……?
教えて……




ラララララ、ラララララ、ララララララ____



「鈴、あなた……!」
「鈴、あなた、あんた……!」
「鈴ちゃん……!あなたちゃん……!」





ララララララ、ラララララ、ララララララ____
ララララララ、ラララララ、ララララララ____



ヒロちゃん
ヒロちゃん
あんた……、私しか友達いなかったくせに………
なのに、なのに……!



ララララララ、ラララララ、ララララララ____
内藤 鈴
内藤 鈴
……………!!
「鈴!!あなた!!」
「鈴ちゃん!あなたちゃん!」
ペギースー
ペギースー
ベル……!!あなたのOZアカウント名……!!
歌え!!止めるな!!
ララララララ!



「ペギースーだ」
「え?あのペギー?」
「なんでここに?」
ペギースー
ペギースー
ベル!!あなたのOZアカウント名!!歌え!!




ララララララ、ラララララ、ララララララ____
ララララララ、ラララララ、ララララララ____
ジャスティン
ジャスティン
な、なぜだ!?
なぜアンベイルされたのに、潰されないんだ!?
……あ!?
く、クソ……!!
キングカズマ
キングカズマ
これで、お前も一人だな
ナツキ
ナツキ
アハハ、事実言っちゃ可哀想だよ
ボッチなんだから、サポートしてくれる人なんてもういない
ジャスティン
ジャスティン
な、何だ!?



オオオオオオオオオ……………!!
キングカズマ
キングカズマ
待って、あの光景、どっかで見たことある
ナツキ
ナツキ
ラブ・マシーンとのあの花札決戦の時、OZの守り主があなたと私に吉祥のレアアイテムを授けたときと同じ…!!
 





歌よ翔べ
みんなと 悲しくて 嬉しいの いま
この世界は 全部あって
目を伏せた 空にさえ
星は光り 日が昇り
咲く花が あるのね、綺麗

いつまでも 歌うわ
歌い繋ぐ 愛してる いつまでも
恵
すごい……!
知
恵くん、ボク……ベル、と、あなたのOZアカウント名に、会いたい……
会いたいよ……
恵
……本当にベルとあなたのOZアカウント名なのかな?僕は完全に信用した訳じゃない
けど……