無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

832
2021/07/05

第8話

ごめんね

あの、まず最初に謝らせてください。
全然更新してなくて本当にごめんなさい。
テスト期間と別作品のせいで…
これからはもっと更新頻度上げて行きたいなと思っております。よろしくおねがいします。
























ーゆあん視点ー

今、ヒロくんになぜか質問攻めされてます。

ゆあん
ゆあん
ねぇ〜も〜やめてよ〜
ヒロ
ヒロ
いいじゃん。ねっ!
ゆあん
ゆあん
良くないよぉ…俺は辛いよぉ…
ヒロ
ヒロ
辛いの?
ゆあん
ゆあん
辛いわ!
ヒロ
ヒロ
そんな言わんくてもいいじゃんwww
ゆあん
ゆあん
そんな言ってないですぅ〜
ヒロ
ヒロ
んじゃ質問!
ゆあん
ゆあん
はいはいもう好きにしてください。
ヒロ
ヒロ
好きな人いますか?
ゆあん
ゆあん
……その質問、ヒロくんに返していい?
ヒロ
ヒロ
いいよぉ?俺は…






「ゆあんくんが好き。」





ゆあん
ゆあん
!!!!????
ヒロ
ヒロ
だめ?
ゆあん
ゆあん
(ヒロくんの目ガチやん。怖)
ゆあん
ゆあん
(誰かぁ〜助けて〜)

その時、遠くから声がした。
えと
えと
あっ!おーーーーーい!!
ゆあん
ゆあん
!! えとさんだぁ〜〜
ヒロ
ヒロ
チッ
えと
えと
(´Д`)ハァ…ツカレタァ…
ヒロくんゆあんくん、これ受け取って
ゆあん
ゆあん
ナニコレ。ヘッドホン?
ヒロ
ヒロ
これもしかしてみんなと会話出来たりする?
えと
えと
うん。するよ!
ゆあん
ゆあん
やったぁ〜じゃぱぱぁ~
えと
えと
早速w
ヒロ
ヒロ
(じゃぱぱさんの方が好きなのかな?)
えと
えと
たぶんまだじゃっぴんとこ行ってないんじゃないかな?
ゆあん
ゆあん
えぇ〜〜〜〜…じゃぱぱぁ~
えと
えと
あ、でもうりたつともふなおならいるから話せるよ
ヒロ
ヒロ
ゆあんくん、どぬくさんのこともふさんに…
ゆあん
ゆあん
そだね…
えと
えと
!! pgslnlov!

えとさんが何か叫んでたけど、俺には聞こえてなくて、もふさんに聞いてはいけないことを聞いてしまった。
ゆあん
ゆあん
もふくーん?どぬくさんどーなったの?
えと
えと
………やめて
もふ
もふ
………………………………………スゥ…ッ

もふくんは、深呼吸したあとで叫んだ。




















「もう聞かないで!!」



















ゆあん
ゆあん
………もふくん
ヒロ
ヒロ
やっぱり死んじゃったのは…
えと
えと
………やめて!
ゆあん
ゆあん
………えとさん、もふくん、ごめん!!!!!
えと
えと
………私はいいからもふくんに謝ってあげて
ゆあん
ゆあん
…………………うん






























ーもふ視点ー

何も考えたくない。
何もしたくない。
みんなと会話したくない。
会いたくもない。
もう、やだ。
もふ
もふ
……………………………………どぬくさん、俺は






「どうすればいいの?」






死んでしまって人に何を願っても何も変わらない。
それを分かっているのに、今俺は、何故かどぬくさんに聞いている。

どぬくさんの体がバラバラになってしまった時、獣耳だけポケットに入れて持ってきた。
せめて、一緒にこの世界から脱出ゲームクリアしたいから。

謝りたい。どぬくさんが生きているのなら、

ちゃんと「ごめんね」って言いたい。
そうすれば、俺の罪を償えるかもしれないから。
もふ
もふ
無駄だね…何も仕方のないことだ…

ポケットから獣耳をそっと取り出した。
まだ若干温もりが残っていて、触れた感覚が気持ちよくて、泣きそうになった。
もふ
もふ
………!!

ゴンッ
頭を握り拳で叩いた。
もふ
もふ
泣いちゃだめだ…泣いちゃだめだ…泣いちゃ………

この時、俺の頭にゲームスタート前にどぬくさんとかわした言葉を思い出した。






























「絶対生きてクリアしようね!」




















もふ
もふ
ぅ…うわぁぁぁぁぁぁぁぁ………

泣きながら叫ぶ。
怖いから。怖かったから。
ずっと一緒にいた人が、パッと目の前から消えてしまった事が怖かったから。
もふ
もふ
グズ…石像…探さなきゃ…

どぬくさんの獣耳をポケットにしまおうとした時、背後から誰かに取られた。
もふ
もふ
!!
じゃぱぱ
じゃぱぱ
………これ、どぬくさんだよね?
もふ
もふ
……………………………………そうだよ。
じゃぱぱ
じゃぱぱ
そっか。
じゃぱぱ
じゃぱぱ
クルッのあさーん
のあ
のあ
は、はい。

じゃっぴは、のあさんに獣耳を渡した。
のあ
のあ
!! どぬくさん………そんな、

のあさんは、泣きながら俺を眺めてきた。
何か言いたげな目で。
のあ
のあ
………守れなかったんですか?
じゃぱぱ
じゃぱぱ
!!のあさんちょっとは考えなよ!?





「もふくん苦しんでるんだよ!?」





苦しんでる。
その言葉が、妙に胸に刺さった。
もふ
もふ
大丈夫大丈夫。俺平気だから。

そう言って、俺はその場から離れた。

軽く深呼吸して、空に向かって笑みを浮かべた。









































「どぬくさん………俺、頑張るよ。」




















































ー〇〇視点ー

〇〇
〇〇
………なるほど。No.8が殺られたか
〇〇
〇〇
次は、No.7かな。

俺は、鼻で嗤った。
誰もクリアはさせない。









































〇〇
〇〇
せいぜい足掻いて見せろ…
カラフルピーチ!!




























ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

本編も最後まで読んでいただきありがとうございました。