無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

702
2021/05/27

第2話

ゲームスタート
ーじゃぱぱ視点ー


俺は頭にありえないぐらいの痛みを感じて、目を覚ました。

あんまり良く覚えてないが、パソコンの画面から何らかの光が出て、そこから…

無言で考えてると、後ろからみんなの声が聞こえた。
全員(じゃぱぱ以外)
全員(じゃぱぱ以外)
おーーい!
じゃぱぱ
じゃぱぱ
あぁ!みんなぁ!
たっつん
たっつん
じゃぱぱお前どこいっとったん?めっちゃ心配したんやからな?
ゆあん
ゆあん
良かったぁ~じゃぱぱ生きてた~…
どぬく
どぬく
ねぇ……それより…




「ここ、どこ?」




どぬくさんのその言葉で俺はハッとした。

確かにここがどこだか分からない。たった一つ分かることがあるとすれば、

じゃぱぱ
じゃぱぱ
ゲームのスタート地点にそっくりじゃない?
うり
うり
確かに……………………!!
じゃぱぱ
じゃぱぱ
……どうしたのうり?
うり
うり
…足元見てみなよ。
そう、うりは微かに嗤いながら呟いた。

うりの言うとおりに全員下を向いた。








全員は、見覚えのある床をみて微かに嗤った。床には






だるまの模様が掘られていた。








ーーーーーーーーーーーーーーーーーー


何が「ゲームスタート」だよって感じかも知れませんが許してください。

本編も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。