無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第13話

実弥と付き合ってみた(リク)
不死川実弥
不死川実弥
あなた
あなた

どしたの実弥

不死川実弥
不死川実弥
その....お前のことが好きだァ....
不死川実弥
不死川実弥
ずっと近くで守ってやりてェ....付き合ってくれ.....////
あなた

......守ってよ?(ニコッ)

不死川実弥
不死川実弥
おう!
あなた

大好きだよっ(ニコッ)

不死川実弥
不死川実弥
ギュッ
不死川実弥
不死川実弥
俺の方がお前のこと好きだァ....(耳元)
あなた

それは分からないよ?

不死川実弥
不死川実弥
.....んだよォ......///
あなた

ふふっ(ニコッ)

不死川実弥
不死川実弥
ングッ.....可愛いっ....←
あなた

実弥に言われると余計照れる.....

不死川実弥
不死川実弥
そんな可愛いと襲っちまうかもなァ....
あなた

私も実弥もまだ高校生だぞ.....

不死川実弥
不死川実弥
後1年の辛抱だなァ.....
あなた

そんなに付き合ってられるかな〜(ニヤニヤ)

不死川実弥
不死川実弥
ドンッチュッ(壁ドンからのキッッッス←)
あなた

ん?!

不死川実弥
不死川実弥
お前が拒否しても付き合い続けるからなァ?
あなた

ってかなんでキスしたし!!///

不死川実弥
不死川実弥
別にキスくらいなら良いだろォ?
あなた

......(ムスッ)

不死川実弥
不死川実弥
可愛いなァナデナデ(雑に撫でる)