前の話
一覧へ
次の話

第1話

〚 ♪ とある一家の御茶会議 〛
771
2022/05/02 22:49
  家主➽nk🐒
  アプリコットティー➽hc🐝
  レモンキャンディ➽st🥽
  ブルーベリージャム➽nt🐇
突如として、奇妙で苦い夢から目が覚める。
頬を汗がつたっていく。気分が良いとはとても言えない。
俺は椅子へ腰掛ける。
そこには、俺の疲れきった顔を心配そうに俺をみているアプリコットティーハッチャンが居た。
nk
大丈夫だよ。もう誰も彼も 傷つけたりだなんてしないから。
ニコッと笑いそんなことを言いながらカップに角砂糖を3つ投げ入れる。
安心あんしんした。世界せかい今日今日まわってる。 ❞

俺。
ケーキも大好きだし、ハッチャンのことも大好き。
 でも、あんなことがあった後では綺麗事かもな、
nk
俺のこと嫌いになった?
そんなことを不意に聞いたら、
hc
   
ハッチャンは近づいてきて無言で俺の頭を撫でた。




そっと年期の入ったロッキングチェアに腰をかける。
座ってみると足が地につかない。気分が良いとは言えないな。
そうしていると、そこにきたのは珍しく心配してくれている様子がみられる反抗モードのレモンキャンディ瀬戸あさひ
nk
大丈夫だよ。もう誰も彼も陥れたりだなんてしないから。
そんなことを言いながらカップに角砂糖を4つ投げ入れる。
安心あんしんした。世界せかい今日きょうまわってる。 ❞

俺。
ケーキも大好き。瀬戸のことも勿論好き。
 でも、俺がはじめの頃瀬戸のことを苦手だったように、
 今瀬戸はあんなことをした俺のことが嫌いかもしれない。
nk
俺のこと嫌いになった?
なんて聞いたみたら、
st
  ..フッ  
瀬戸は『そんなことか』なんて顔をしながら、
俺の目を見て鼻で笑った。




瀬戸が去っていった後、部屋の扉の隙間からいつものように心配そうにブルーベリージャムなつぴょんが覗いていた。
nk
大丈夫だよ。もう誰も彼も恨んだり呪ったりしないから。
なんて言いながら俺は見せつけるようにカップに角砂糖を5つ投げ入れる。
安心あんしんした。世界せかい今日きょうまわってる。 ❞

俺。
ケーキも大好き。なつぴょんのことだって好き。
 いつも心配してくれているなつぴょんとはいえ、
 あんなことをした俺を許してくれてるだろうか。
nk
俺のこと嫌いになった?
お決まりのように聞く。
すると、
nt
    
なつぴょんの表情が心配の表情から安心の表情に変わった。
nt
  ハァ   
その後、小さく溜め息をつくと、
nt
  (ニコッ) 
優しい表情で微笑まれてしまった。



ケーキも大好き。みんなも大好き。
みんなが居なくなった後、角砂糖を6つ投げ入れ飲んでいたらその様子をハッチャンが見ていた。
hc
 そんなに入れたら、お身体に悪いですよ。 
その言葉を聞いて、俺は、
めいっぱいの笑顔を送った。
零
皆様、お疲れ様でした︎︎ .ᐟ‪
零
今回は「とある一家いっか御茶会議ティーパーティー」のパロディでした .ᐟ‪
零
楽しんで頂けましたでしょうか ﹖
零
次のキャプチャでリクエストも受け付けるので是非 .ᐟ‪
零
thank you for reading ❕