無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第1話

第1話
あなた

(なぜだ。なぜ壁に巨人がいる)

ハンジのところに向かった(壁)
ニック
その巨人に日光を当ててはならん
あなた

おい!ニック司祭!それはどうゆうことだ!

ハンジ
ニック司祭。とりあえず布で隠しました
ニック
これを市民は見たのだろうか?
ハンジ
いいえ。すでに避難しているので
あなた

おい!ニック司祭さんよぅどうゆうことだよ

壁の端に追いやる
ニック
な!わ、私を落とす気か!
あなた

あぁお前の返答次第でな

ハンジ
ちょ!ま、待て
ニック
いい!私を落としてみよ!
あなた

まぁ、ここまでゆうならな

端に追いやったのをやめた
あなた

ハァ、疲れた

ハンジ
私も
あなた

なぜここに巨人がいるのかを探るのが任務になるか我々調査兵団の

ハンジ
そうなるな
レビ(あなたの班の副班長)
あなたさん〜エルヴィン団長がお呼びですよ〜
あなた

あぁ、ありがとう。今行く。ハンジ、あとは頼む

ハンジ
わかった
あなた

(なんだ?エルヴィンの呼び出しって?)

次回『新たな仕事』
Season2もよろしくお願いします!
ちなみにSeason1は自分の所を押して貰えば見れます!
じゃあね!