無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

352
2021/08/11

第17話

15話:思い出の写真



焦凍side ←前話と引き続き








轟「じつはさ、、僕、家出してきたんだ。」








あなた「!?そうなの?」








轟「うん。......詳しいことは、言えないけど 、」








轟「でも、家に帰りたくない....!!」








轟「君と、もっと話してたい、」













いつ以来だろう、











もっと、誰かと話したいと、思う時なんて______











あなた「私も!!!もっと話してたい、」











あなた「けど......。そうもいかないもんね、」











あなた「......あ、いい事思いついた!!」








轟「え、どうしたの(((」








あなた「はい、笑って笑って!!」








な、なんだろう、急に、








あなた「はい、チーズ!!!」








カシャッ








あなた「へへ(*´∀`*)」








あなた「これね、撮った写真が、すぐプリントされてくるんだよ!!」








あなた「凄いよね、、」








轟(これは....なんの話だろう←)









あなた「だから、はい!!」








あなた「この写真あげる!!」









轟「な、なんで?」








あなた「だって、お互いまだ話したいけど、」








あなた「そうもいかない。」








あなた「なら、また会って話そうよ!!」








あなた「この写真を持ってる限り、私たちは、」








あなた「ずっと一緒だよ!!ニコッ」









そうか......!そうだよね、









轟「うん!また何処かで、必ず会おうねッ!」








そうやって、光の如く現れた彼女と、











約束をしたのだった。