無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

940
2021/06/19

第2話

1話:同じ違和感.



⚠︎期末テスト後に転校してきた設定です⚠︎






ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー





あなた「やっばい!遅れちゃう!」






雄英に転校する初日だってのに……






遅れるなんて……絶対ダメ!!







あなた「急がなきゃ〜!!」



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー





【1年A組:教室】





相澤「今日は転校生を紹介する。」






芦戸「え、転校生!?どんな子だろー?」






相澤「入ってこい」





ガラガラッ







あなた「転校してきた柏木あなたです!よろしくお願いします⸜(* ॑ ॑* )⸝」







一同「おおおー!!!」







相澤「質問があれば手を挙げろ」







八百万「はいっ!失礼ですが、個性はなんでしょうか?」








あなた「あ、個性はエネルギー感知です!人には見えない物と話したり操ったりできますっ!」







上鳴「なんだよそのチート個性…」







耳郎「んね。それに可愛いし…!」






相澤「んじゃ、柏木は轟の隣の席だ。」







あなた「よろしくねっ!轟くん!」







轟「あ、ああ。」





轟(もしかして、あなたってあの時の……)







あなた(あれ?この人“あの時の子”に似てる?)



















轟・あなた「「いや……まさかな。」」
作者
作者
ヒロアカの作品描くの初めてで、口調慣れないなぁ←言い訳