無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

854
2021/06/20

第3話

2話:人気者の転校生





麗日「ねえねえ!あなたちゃん!よければ、その、お友達にならない?」







あなた「え、いいの!?なろなろー!!」








麗日「ありがと〜!!ほんとあなたちゃん天使や……(ボソッ」







蛙水「私も友達になってほしいのだけど……いいかしら?」






芦戸「私も私も!!」







あなた「みんな……!うん!なろなろ!」


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー






一方、隣の轟の席では……






緑谷「柏木さん、すっかり人気者だねー!」






飯田「そうだな!個性の“エネルギー感知”、実に興味深い!」







緑谷「そうそう!エネルギー感知、人には見えない物を操れるって事は……ブツブツブツ……って感じだよね!轟くん!」







轟「あ、ああ。そうだな。」







飯田「どうした、轟くん!顔色が優れないようだが……」






緑谷「調子悪いなら、保健室行く?」







轟「いや、その心配はない。大丈夫だ。」






飯田「そうか……でも、しんどくなったらいつでも頼ってくれ!」






緑谷「うんうん!」






轟「ああ。ありがとな……」







轟(柏木あなた……やっぱどこか引っかかるな)





ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー






相澤「今日のヒーロー基礎学は、2人1組で、救助訓練を行う。」






一同「おおー!!ヒーローっぽい……」






相澤「チームAは、轟と柏木だ。」






あなた(え、轟くんと!?)


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー