無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第10話

帰り道。
学校の帰り道。








私は1人だった。










会長は仕事。七菜はきっと待ってるんだろう。












『1人か……友達少ないな~』












その時後ろから手を握られた。








目黒「ヤット捕まえた」








『蓮?なんでいるの?』








目黒「だって会いたかったから。ねぇあの公園」









『いつもの?行きたい』









目黒「じゃあ行こっか」











手を繋いだ。










『うん!』








目黒「久しぶりだな~」












2人で楽しく話していたから











その姿を道枝くんに見られてるなんて知らなかった