無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第29話

久しぶり
目黒side









これは車で生徒証を取った。









阿部ちゃんが学校であなたと関わりがあるなんて












これは阿部ちゃんを探るしかない。










あなたが阿部ちゃんに恋ってことはないかもけど










阿部ちゃんがあなたにはありえる。










だって阿部ちゃんの好みがあなたみたいな人だから。










顔も性格もね。









目黒「そろそろかな」









その時ベルがなった。









阿部「目黒ー。開けてー」








『阿部ちゃん。了解』










俺は開けると阿部ちゃんが入ってきた。









阿部「久しぶり~。元気だった」








『うん。元気だったよ』









阿部「俺も俺も。ってあなたのは」









『あぁはい』








俺は生徒証を渡した。









『その子ってかわいい顔してるよね』









阿部「でしょ。めっちゃかわいいの。愛おしいの」









『阿部ちゃんのタイプって感じ』









阿部「うん。そうかもね」









『好きなの?』









阿部「好きかも知んない。叶わないってわかってるけど、ただ見守っていたいだけなんだ」










『そうなんだ……』











俺はそこから色々話してるうちに阿部ちゃんはガチだって気づいた。









でも、きっと告白などしないから敵では無い。











あなたは誰にも渡さない