無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第20話

先にお風呂入ってきていいよ

車を走らせ、20分。









蓮の家に着いた。










目黒「上がって上がって」








『おじゃまします』










私はリビングに自分の荷物を置いた。










目黒「あなた。もし良かったら先にお風呂入っておいで」










『もう?』









目黒「さっきお風呂入れたからさ、冷めないうちに」












『わかった……でも着替えが』








目黒「大丈夫。もう置いてあるから」










『わかった。じゃあ先にお風呂入ってくるね』













先にお風呂と行っても、緊張する。









だって好きな人のお風呂だよ。











いつも使ってるんだって思うと恥ずかしくなってくる。











体を洗って湯船に浸かる。










こんな私なのに今、幸せ。









いいのだろうか……









好きな人がいるって前の感覚と違う。












会長の時のは比べ物にならないくらい幸せなんだ。










お風呂を出て、下着をつける。










あれ?なんかちょっとキツい。









でもサイズはこれなのに。










まぁいっか。










準備してあった部屋着を着てリビングに向かった。











『上がったよ~』









目黒「気持ちよかった?」










『うん。ありがと』














__









目黒「あと少しで出来るから先に髪の毛乾かしな」











『うん。わかった』、













私はドライヤーで髪の毛を乾かした。



















乾かしている時、蓮くんがご飯を作り終えた。











目黒「よし、あなた乾かしてあげる」










『ありがとう。お願い』












ドライヤーを受け渡し乾かしてくれる。











目黒「明日はあなたも一緒に料理作ろくね」









『そうだね。今日は作れなくてごめん 』











目黒「いいの。よし乾いた。ご飯食べよっか」








『うん!』









まかさこの料理の中にはなかに








あれが入っているなんて