無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第11話

どうゆう事なん?
道枝side










俺が学校を出る時あなたさんはもういなかった。









一緒に帰ろって言おうと思ったんやけどな。










あいつも居ないし、しゃあない1人で帰るか。












歩き始めて少したった時。










あなたさんがいた。










『すのさん……』













言おうとした時、あなたさんが後ろの男性から手を繋がれていた。












でも、あなたさんはそこ人のことを知ってるっぽい。













にしてもあの人かっこいい。











めっちゃお似合いやん。












いや、ちょい待て。









あなたさんって副生徒会長さんか










クラスの女子が騒いどったんやけど











会長さんと付き合っとるんやないん?













でもあの2人の様子から見ると付き合っとるぽいし













意味分からへん。









俺はもしかすると見ちゃいけんもんを見てしもうたんかも知れんな。












幸せそうな顔をして、あなたさんは去ってしまった。












『どうゆう事なんかな……』、









??「みっちー待っててくれたん?」











『あっ長尾』








長尾「どうしたん?どこ見とったん?」、










『いや、なんでもないで。一緒に帰らへん』












長尾「それを待っとった。帰ろ~」











こいつにはさっきの事言えへん。










だってこいつ会長さんの義理の弟やもん。