無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

769
2021/06/15

第30話

なあ、行くで

生徒会室で仕事をしていた時、










私はあることを思い出した。










今日は会長と遊ぶ日じゃん。









前までは嬉しかったんだけど今となっては……










道枝くんに言わないと。







✉[今日は会長と出かけると思います。また詳しく]














仕事も終わらないし、どうしよう。











西畑「あなたお疲れ様。」









『お疲れ様です』









西畑「どこ行く?迷うね」








『すいません。まだ終わってなくて』











西畑「俺も手伝うから」











資料の半分を会長に渡した。










『お願いします』









西畑「任しとき」












そして45分後










『終わった終わった~』








西畑「俺も終わった~」









パソコンの電源を切った。








真っ暗になった時、後ろに会長が映っていた。












西畑「どこ行く?買い物?家?」









『文房具を買いたいです』









西畑「じゃあ行くか」










たまにはね……こんな事もしないと











疑われないように








西畑「何ぼーとしとるん?行くで」










『あっはい』












会長が伸ばしていた手に手を掴み













昔と変わらないとうに演じた。













横で笑っている会長の顔が怖い。












学校1のカップルは私たちってなっているこの現状も怖い










私には会長と事全てが怖い。