プリ小説

第9話

きゅう。
剛典の運転で帰っている途中
佐野玲於
佐野玲於
明日からはどんな事が待ち受けてるんだろうなw
中島 葵
中島 葵
あんなにイライラする事まだあるの!?
片寄涼太
片寄涼太
続くだろうねw
中島 葵
中島 葵
ストレスが溜まって仕方ないじゃん!
岩田剛典
岩田剛典
失礼ですがもうすぐご自宅に着きます。
みんな
はーい
車から降りて部屋に戻る前に
中島 葵
中島 葵
亜嵐!
白濱亜嵐
白濱亜嵐
ん?
中島 葵
中島 葵
後で部屋にきて。
白濱亜嵐
白濱亜嵐
なになに?お誘い?w
中島 葵
中島 葵
(ㅍ_ㅍ)
白濱亜嵐
白濱亜嵐
冗談だってwじゃ後で行くから
私が部屋に入った後……
白濱亜嵐
白濱亜嵐
ハァー……
片寄涼太
片寄涼太
全く男として見られてないんじゃない?
白濱亜嵐
白濱亜嵐
だよなー
佐野玲於
佐野玲於
なぁ。
みんな
ん?
佐野玲於
佐野玲於
俺あいつの事好きになったから。それだけ言っとく。じゃ
一言残して玲於は部屋に戻る
岩田剛典
岩田剛典
それはみんな一緒なのにねw
片寄涼太
片寄涼太
みんなライバルだねw
白濱亜嵐
白濱亜嵐
葵はやらねー!
片寄涼太
片寄涼太
アハハw
岩田剛典
岩田剛典
クスっ。
それぞれ部屋に戻る。
白濱亜嵐
白濱亜嵐
男として見られてない俺に勝ち目あんのかよ……
亜嵐は落ち込みながら葵の部屋にいく。
白濱亜嵐
白濱亜嵐
入るぞー
中島 葵
中島 葵
はーい。
亜嵐がきて勉強をとめメガネを取り亜嵐の方を向く。
中島 葵
中島 葵
頼み事があるの
白濱亜嵐
白濱亜嵐
なに?
中島 葵
中島 葵
亜嵐しか頼め無いこと
中島 葵
中島 葵
あの3人の素性を調べて
白濱亜嵐
白濱亜嵐
あー。そんな事w
中島 葵
中島 葵
訳も分かんないやつ傍に置いとくきないから
白濱亜嵐
白濱亜嵐
ハイハイwじゃあ調べますか!
白濱亜嵐
白濱亜嵐
パソコン貸して
中島 葵
中島 葵
ここでするの?
白濱亜嵐
白濱亜嵐
他の所でしたら3人にバレんじゃん。
中島 葵
中島 葵
あー。そっかw
亜嵐にパソコンを渡して私は勉強を始める。

一応首席だからねw

私は亜嵐がパソコンをいじってる姿がすき。

もちろん異性としても……

昔からずっと一緒にいて。私の事をなんでも知っててどんな私でも受け入れてくれる亜嵐がすき。


この前告白された時はビックリした。

嬉しかった。でも卒業までまだまだある。

その間、付き合ってもいいのかダメなのかさえ分からない。

でも亜嵐と付き合ってる姿が想像出来ない自分がいる。

このままなのか、それとも違うのか。

まぁ、そんな細かいことよりも、ただ今は亜嵐が
中島 葵
中島 葵
すきだなー。(ボソッ
白濱亜嵐
白濱亜嵐
ん?何か言った?
中島 葵
中島 葵
!?何も言ってない!それよりも分かった?
白濱亜嵐
白濱亜嵐
今でてきた所w
亜嵐はパソコンの画面をこっちに見せてきた。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

3JSB,GENE Love♡♡
3JSB,GENE Love♡♡
三代目JSB/GENE/EXILE/大好きです。岩田剛典、佐野玲於推しです°ʚ(*´꒳`*)ɞ°. よろしくお願いします⸜(* ॑꒳ ॑* @Ayane__0531__ 良かったらフォローヨロ(`・ω・´)スク!