プリ小説

第3話

さん。
岩田剛典
岩田剛典
じゃあ、そういう事でよろしくお願いします。お嬢様(*^^*)
片寄涼太
片寄涼太
よろしくお願いします(*^^*)お嬢様。
佐野玲於
佐野玲於
よろしく……。
中島 葵
中島 葵
えーと…よろしくって言われても名前……
白濱亜嵐
白濱亜嵐
あー!ハイハイ!それは家に帰ってから!
執事になった人はお嬢様の家に一緒に住む!んでしょ?
中島 葵
中島 葵
あー!そうだったー
とりあえず家に帰る事になった。
メイド
おかえりなさいませ。葵お嬢様。
中島 葵
中島 葵
ただいま(*^^*)
メイド
今日も可愛らしい事で(ボソッ
白濱亜嵐
白濱亜嵐
そこ!私語慎みなよ
メイド
失礼しました!
中島 葵
中島 葵
亜嵐~いいよーそんな事
メイド
お嬢様と他の執事にはお部屋をご用意しております。
そちらで今日のお話などをされてはいかがでしょうか?
中島 葵
中島 葵
んー。
白濱亜嵐
白濱亜嵐
そこしかないんだから行くぞ
私は亜嵐に手を掴まれて部屋にいく。
片寄涼太
片寄涼太
あっ!ちょっと待ってー
佐野玲於
佐野玲於
……。
岩田剛典
岩田剛典
w
部屋に着くと飲み物は用意されていなくてセットだけがされている。
白濱亜嵐
白濱亜嵐
俺たちで入れろって事?
中島 葵
中島 葵
じゃあ入れてよ!
白濱亜嵐
白濱亜嵐
その前に自己紹介しようぜ!俺は白濱亜嵐!葵とは幼なじみ!
中島 葵
中島 葵
私は中島葵。
いたって普通の女の子だから
岩田剛典
岩田剛典
俺は岩田剛典。
一応首席をとりました(*^^*)
中島 葵
中島 葵
わぁお!すご
片寄涼太
片寄涼太
僕は片寄涼太。
特技は歌唱?かな
佐野玲於
佐野玲於
俺は佐野玲於。
いつもこんな感じだから。
中島 葵
中島 葵
自己紹介も終わったしまずは亜嵐!入れて!
白濱亜嵐
白濱亜嵐
俺も入れるの?
中島 葵
中島 葵
私は知ってても3人は知らないでしょ?
白濱亜嵐
白濱亜嵐
そっかwじゃあお先に
亜嵐のお茶の入れ方は少しパフォーマンスが入る。ふざけてんのか!っていうねw

でも味は……
中島 葵
中島 葵
うん。美味しい。
白濱亜嵐
白濱亜嵐
ありがとうございますwお嬢様w
中島 葵
中島 葵
亜嵐にお嬢様言われたくないw
岩田剛典
岩田剛典
美味しい。
片寄涼太
片寄涼太
うん。美味しい。
佐野玲於
佐野玲於
美味い。
白濱亜嵐
白濱亜嵐
どーもw
中島 葵
中島 葵
次は岩田くん?お願いします(*^^*)
果たして首席がいれるお茶とは?

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

3JSB,GENE Love♡♡
3JSB,GENE Love♡♡
三代目JSB/GENE/EXILE/大好きです。岩田剛典、佐野玲於推しです°ʚ(*´꒳`*)ɞ°. よろしくお願いします⸜(* ॑꒳ ॑* @Ayane__0531__ 良かったらフォローヨロ(`・ω・´)スク!