第27話

願い星、落ちると地面へこむって危険じゃ…
704
2021/09/28 01:28
〜マグノリア博士の家〜

 〜あなた視点〜
子ども達がバトルをしている間、気を紛らわす為に世界ニュースを調べる。

数日後に始まるガラルでのジムチャレンがトップページに、
昨年度大会の閉会式でトロフィーを掲げるダンデさんの写真
メジャーリーグの各ジムリーダーの情報…

そして———


 ルカリオ『あなた!』

名前を呼ばれた瞬間、外から変わった波動を感じる

  強い、強い エネルギー………
あなた

外に出ると皆が地面を見て、でも盛り上がっていた。
ホップ
おいっマサル、ユウリ、願い星だぞ!
それも3つ!皆で1つずつ拾うんだぞ!
マサル
うん、これが噂の…
ユウリ
うわぁ綺麗〜
本気の願いを持つ人のもとへ落ちてくるという 願い星
私のもとへ落ちてきたモノ以外は初めて見た

それほどまでに、あの子達の願いは……
ダンデ
すごいじゃないか願い星が落ちてくるなんて!
ホップ
アニキ、ありがとう!
俺の“最強のトレーナーになる”っていう願い絶対叶えるんだぞ!
ソニア
なになに、家に帰ってきたらなんか盛り上がってるし、どうしたの?
ホップ
ソニア、見てくれ!願い星だ!俺だけじゃなくてマサルとユウリのもあるんだぞ!
ソニア
ウソ…本物の願い星だけど、どうして持ってるの?
マサル
3人でバトルしてたら…
ユウリ
ピカってなったかと思ったらシューってこっちきて、ズドーン‼︎
擬音語を少なくしてもらいたかったな…
ホップ
2人の言う通りだぞ!
そのまま突き通すんだ
ダンデ
なるほど!
目の前で見てたとはいえ、納得するんですね
ホップ
そうだ!バトルって言ったら願い星があれば、アニキのポケモンみたいなダイマックスできるんだよな?
俺もさっそく……
 !?

それはダメッ…
マグノリア
ホップ、お待ちなさい
ホップ
え?
マグノリア
確かにダイマックスには願い星が必要ですが、そのままではエネルギーが多すぎて使えません
3人とも、一晩それを私に預けてください
ホップ
そーだよ、マグノリア博士はダイマックスの研究者! 俺達がダイマックス使えるようにしてくれよな!
マサル
これで、僕らのポケモン達も…
ユウリ
やった〜楽しみだね!
マグノリア
はしゃぐ気持ちはわかりますが、明日からの旅に差し支えますよ
ソニア
そうそう、どうせ今日は夕食ウチで食べるでしょ、最近流行りのカレーライス作ってあげるから家の中に入りなよ
ダンデ
ソニアの料理か、久しぶりだな!










〜夕食後〜
あなた

それで…今日はマグノリア博士の家に泊まらせてもらう事になりました

キバナ
そうか、急に電話掛かってきて驚いたけど
マグノリア博士なら安心だな。他のヤツは?
あなた

ダンデさんと子ども達はハロンタウンの家に帰りました。明日の朝にまた、ここまで来てダイマックスバンドになった願い星を受け取るらしいです

キバナ
じゃあ、マグノリア博士は一晩で3つをバンドに加工する為の真っ只中だな〜
あなた

はい。ソニアさんもお手伝いすると言ってました

キバナ
へぇ、研究家の姉ちゃんもできるのか
ソニア
そーよ、凄いでしょ
隣で作業していたソニアさんが、ひょこりと電話に口を挟む
キバナ
うわ、居たのかよ
ソニア
当然でしょ、キバナさんが何か吹き込まないようにね
キバナ
何もやらねーって!どんなイメージなんだよ…
ソニア
ナックルから迎えにくる…とかはありそうよね
別に私はポケモンに乗ってナックルまで飛んでも良かったんですけどね…
キバナ
それ何も吹き込んで無いだろ
はぁ、とりあえずナックルに帰ってくるまでの一晩頼むな。
あなた

それなんですけど…

キバナ
どうかしたのか?
ソニア
子ども達が一緒にジムチャレンジの開会式が行われるエンジンシティまで行こうって、言って聞かなくて…
だからナックルシティには戻らないまま、あなたもジムチャレンジの旅に出ることに
キバナ
そんな…

いや?むしろ好都合だ!
どのみち、俺様ももうすぐ行くんだから……
あなたちゃん、明日エンジンシティで合流しようぜ!
ソニア
ちょっと!
キバナ
なんだよ、ナックル程じゃ無いとは言え、人が多い都会なんだから、案内しても良いだろ?
ガラルの外から来た、こんな小さい子が初めての街で1人なんて可哀想じゃねぇか!
ソニア
そう思って、あたしは先にエンジンシティに着いてるルリナに案内してくれるように頼んだのにー
ルリナにはあなたの事、あたしとダンデくんを助けてくれたポケモンレンジャーだって伝えてるし、女の子同士の方が気兼ねなく話せるんじゃないの?
あなた

えっ、いつの間に私がポケモンレンジャーだって事を…

キバナ
ダンデといい、そこら辺に住むヤツは秘密を秘密にできねぇのか…?
ソニア
女の子の友情に秘密が無いから仕方ないじゃない!それに、ルリナにしか伝えないから
キバナ
そうかよ。
あ、それであなたちゃんが明日エンジンシティに着くのは何時?
あなた

〇時〇分に到着する列車に乗る予定ですよ

キバナ
ふーん………お、ナックル発で同じ時間に着く列車あるから、俺様それに乗って行くわ
ソニア
ルリナだけ置いていったらただじゃ済まさないからね
キバナ
はいはい、言われるまでも無く、分かってるよ