無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話
4
2021/04/29

第2話

公園での事件
公園につく
あなた

さて調べるか。ん?ペン?いや、鉛筆?これは.......

あなた

よく見ると血が付いたあとがあり、何かでこすったあとがある。

砂をはらう
あなた

ん?赤い.......

どんどんはらう。
あなた

この赤い液体がついた砂はトイレまで続いていた。男子トイレには掃除係の人が1人居てトイレは3つある。1番右側のとこだけ閉まっている。誰か入ってるのだろうか。(管理委員に許可を貰い女子トイレ男子トイレどちらも調べられるようになっております。)

あなた

男子トイレには特に何もない。女子トイレも探ってみるとするか。

女子トイレに入ったとたん彼女はとんでもないものを見た
あなた

.......し、死体.......?

あなた

すぐに警察へ連絡した。救急車は、、もう手遅れだろう。随分と長く放置されてたのか腐って体がにごっていた。しかし、警察が居ると調査がしずらい。とは言っても通報しないと私に罪がかかるしな。なんてことを考えながら警察と調査を取り組んだ。

あなた

よくよく見ると死体の右手の指が全本が折れていた。あとは、頭から血を流しているな。

あなた

嗚呼、痛々しい早く解決しておんねんをはらしてやろう。骨がちらりと見えている指を見てそう思った。

あなた

昔から血が苦手だったのもあり、あまり見たくなかった。絶対に解決する。それが私の役目だから。

あなた

殺されたのは19才の研究学者だと思われる。研究学者ってことで人体実験でもして恨みをかったのだろうか?それともやはりバラバラ殺人鬼の仕業か、、、