無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第8話

第8話 最年長と英国紳士2
薮side
シャワーから戻ったらなんか空気が重かった
けーとはすごく申し訳なさそうな顔してて
あなたはすごく悲しそうな顔してた

薮)けーとなにがあったの?

きいちゃった。それも結構がちトーンで笑

岡本)な、なんでもないよ

ま、そりゃそうか
言うわけないよね

あなた)お風呂行ってくるね!

あなたがいなくなるとけーとがものすごく悲しそうな目で見てきた

薮)なにがあったの?言ってみな?

岡本)あなたに....

薮)うん

岡本)聞いちゃいけないこときいちゃった

薮)そっか、なんて聞いたか言える?

岡本)うん...
山ちゃんがほんとにあなたのお兄ちゃんなの
かって

薮)教えてくれてありがとう。
山ちゃんは...俺もほんとのことはわかんない。
けどきっとなにか事情があるから
2人が話してくれるの待と?

岡本)うんっ

薮)ほら、そろそろあなた戻ってくるから
いつも通りね

岡本)だねっ!

ガチャ(ドアを開ける音)


あなた)ただいま~

薮、岡本)あはははは

あなた)ええ?なになに?

薮)ううんなんでもない!寝よ?

岡本)めっちゃ眠いw

あなた)だね!おやすみ〜

薮、岡本)おやすみなさぁい

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

H☆N
H☆N
Hey! Say! JUMPとHiHi Jets好きな中2です! 小説描き始めたばっかりです よろしくお願いします
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る