無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第2話

第2話 涼にぃとカラオケ!
あなたside
今日は涼にぃこと私の兄山田涼介とカラオケ来てます!いつもお仕事で最近全然遊べてなかったからめっちゃテンション上がってるw

涼介)おーい!なにぼーっとしてんの?笑

あなた)へ?!あ、いや別にw
涼にぃ歌って!聞きたい!

涼介)しょーがないなあ。じゃあ俺歌ったら
あなたも歌えよ?

あなた)わかったw

•*¨*•.¸¸♬•*¨*•.¸¸♪•*¨*•(ただ前へ)•*¨*•.¸¸♬•*¨*•.¸¸♪•*¨*•.¸

こんな感じで何曲か涼にぃに歌ってもらいました!

涼介)ごめん。俺トイレ行ってくる!

あなた)わかった いってら

涼にぃトイレ行ったし歌お
さすがに本人の前で歌うの恥ずかしいもん。今いないからチャンス笑

----------------------------------------------------------------------

伊野尾side
今日は俺、知念、ゆうてぃー、雄也の4人でカラ オケ。オフ組だよ!それでね、今トイレ行って戻る途中なんだけど、めっちゃ綺麗な声で誰かが3月14日〜時計歌ってるの!山ちゃんとけいとの歌ってたやつ

知念)あれ?伊野尾ちゃんそんなとこでなにしてん
の?
ってえ?!めっちゃ綺麗な声!

伊野尾)しーっ!声大きいよ(小声)

知念)あっ ごめん(小声)

2人で部屋の前で聞いてたw

山田)あの、すみません。そこどいて...ってえ?!
伊野尾ちゃんと知念?!

知念と3月14日〜時計聞いてたら突然後ろから山田 現れたんですけど。何事?!w

知念)なんで山ちゃんここにいんの?

山田)なんでって...俺らもカラオケ来てるからだよw

伊野尾)俺ら?ほかのメンバーみんな仕事だよね
誰と来てんの?

山田)俺の妹

知念)え、じゃあ今歌ってるのってあのうわさの
あなたちゃん?

山田)そうみたい。俺も歌ってるの初めて聞いた
まさかJUMPの曲歌えるとは...!!!

伊野尾)入ろうよ!

山田、知念)えっ?!

伊野尾)いいじゃん笑 。別に。俺あなたに会いたい
しw

知念)僕も!りょーすけいい?(上目遣い)

山田)うっ...。(これに弱いんだよなあ)わかった。

伊野尾、知念)よっしゃー!/やったー!

伊野尾)知念ナイス!笑

知念)ふふふっ

山田)じゃあ開けるよ?いい?

伊野尾、知念)うん!


このあと、何も知らずに歌っていたあなたのところに...






シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

H☆N
H☆N
Hey! Say! JUMPとHiHi Jets好きな中2です! 小説描き始めたばっかりです よろしくお願いします
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る