プリ小説
一覧へ

第2話

辛い
「今平気?」
既読にならない。プロフィール更新されてるのに。気づかれてる?彼女さんになんか言われたとか…
あの彼女ならありえる。
「おはー」
「遅いじゃんのあどうした?」
「光ー色々ありすぎてー」
「あー」
「今日言ってみる!」
「おけ!」

ずっと前から覚悟してたから
大丈夫。
「ねぇ!爽太?」
「わりぃー後ででいい?昼終わったら」
「うっうん」
また行っちゃうのか…いつからそんなに遠くなっちゃったのかな?。
ずっと1番だと思ってたのにな。
━お昼休み━
「で?話は?」
「あっ…あのね」
えっ?なんで見てるの?
「あのさ!前家きたじゃん?その時メガネ忘れてたよ?はい」
「おっお前の家にあったのかありがとな」
「うん」
「それだけ?」
「うん…」
「じぁな」
「…」
怖い。いつも爽太のこと見張ってるの?
そんなに好きなの?
「あっ」
あっ美化委員の彼女とイケメン彼氏…
あんな顔で笑うんだ。好きな人の前では
いいな。あの笑顔で笑いかけてほしいな

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

続きはまだありません

この作者の他の作品も読んでみよう!

はな
はな
2日に1回投稿します👍🏼読んでください🙏 恋愛ものが多いです。自分の恋愛を元に作っています👍🏼コメントも♥もよろしくお願いします💓