無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

208
2020/05/20

第3話

3
食堂
コネシマ
なんかめっちゃ無反応やったな
鬱先生
可愛かったけどね〜
ショッピ
そういう問題やないと思いますけど
トントン
グルさんはクロさんといつから知り合いなん?
グルッペン
さあな
エーミール
教えてくれないんですかw
グルッペン
じゃあ俺は部屋に戻るから
シャオロン
ロボロどんな感じやったー?
ロボロ
クロさんなんも反応なかったわぁ
オスマン
YESかNOくらい言ってもいいような気がするけど
ひとらんらん
なんでだろうね〜
チーノ
うーん…
トントン
…あ、書類やってない奴おるやろ
コネシマ
ビクッ
鬱先生
あ、シッマやってないみたいやで〜
コネシマ
はぁ?!
トントン
ほなシッマ、いこか
コネシマ
やめてっ!ああぁぁぁぁぁぁ!!
トントンに引きずられたコネさんの事はえっか
ゾム
情報がなさすぎるなぁ
ショッピ
そうですね
シャオロン
あいつがなんか知ってると思うんやけどなぁ
…見つけたら仲良くできるかな?
ひとらんらん
今日のご飯何にしよっかな〜
キッチンに消えて行った…
オスマン
仕事してくるめぅ〜
外行った…
ゾム
シャオロン!手合わせしようぜ!
シャオロン
いいぜ!
2人で練習所に行った…
エーミール
私読みかけの本があるので
部屋に行った…
チーノ
ショッピ
鬱先生
ロボロ
する事がなさすぎる
チーノ
4人でゲームしません?
ショッピ
鬱先生
ええな〜!
ロボロ
やろーや!!
ショッピ
やりましょ!
チーノ
なんのゲームにします?
鬱先生
ほんなら