無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話
144
2020/07/24

第10話

10
戻ってる時に白く長く伸びた髪が
ロボロ
クロさんっ!
振り返って立ち止まってくれる
まあずっとおらせるのも申し訳ないと思って走るけど
ロボロ
今帰り?
最近気づいた
無言は肯定の意味の方が多い
クロ
ロボロ
一緒に部屋まで行こうや、近いし
ロボロ
いつもグルッペンんとこで何話してるん?
ロボロ
…あぁ、言えへんねやったらわざわざ言わんくてええんやでw
クロ
シャオロンさんの容態について話してた
ロボロ
!!
そっか!
シャオロン
あ、ロボロー!
ってクロさんもおるやん!
シャオロン
やっほー!
ロボロ
シャオロン自身はもう大丈夫なん?
シャオロン
ん?あぁ、大丈夫やで!
シャオロン
クロさんありがとうな!
シャオロン
そういや今度3人でゲームせん?
ロボロ
俺とシャオさんとクロさんか!
俺はええよ!
クロさんは?ええ?
クロ
コクッ
シャオロン
よっしゃ!
じゃあ3人でやろな!
コネシマ
なにそれ俺もまz
トントン
お前は書類やれ
コネシマ
やめろーーーー!!!!
ロボロ
あいつはほっとこうぜ
ゾム
俺もやって良い?
上から出てくるのあんま見慣れへんな…
…クロさんビビってる様子なかったけど
ロボロ
俺はええよー?
シャオロン
俺も〜!
クロさんは?
クロ
コクッ
ロボロ
ほなはよ部屋いこ!
ゾム
じゃあ俺の部屋いっぱいあるし俺の部屋こいよ
シャオロン
おぉ!
頼むわぁ!!
クロさんがゲームかぁ
楽しみやなぁ