無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

19,771
2018/02/06

第8話

8
男はわたしを殺さなかった


けれど、すぐに殺されたほうが


幸せだった



あんなことをされるなんて


…………



「腰を上げろ」

「っ……ッ」

「そうだ。そのまま」

下半身から伝わってくる衝撃に、身体が跳ねる。

「ぅ、ァ……っ、」

痛み。

わたしは唸るように声を上げる。

「ッ……ぁ、…………っ」