無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

20,063
2018/02/07

第9話

9
けれど、男は無理やり押し込んでくる。

痛みに耐えながらも、必死で呼吸する。

「や、め……ッ」

「抵抗するか? やってみろ」

「っ、……ぁ、ァ」

入っては出ていく男。

伏せた視線の先には、仄暗くて冷たい畳。

あかりはロウソク一本。

そこに揺れるわたしと、男の影が淫らに見える。




「ぅ、ァ……」

「お、また締まった」

「ンン……、ァ……ッ」

「その声……あまり興奮させるな……我慢できなくなる」

「ッッ……」


男の反復運動。