無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第4話

〜〜④〜〜
フジ「ここがあなたちゃんの部屋だからね〜!」


あなた「わぁ!広い!豪華〜!!」
フジ「そろそろお風呂入ったら?俺らも入ろ〜っと!なぁ、キヨヒラこーすけ!」
キヨ「なに、うるさいんだけど」
ヒラ「な〜に〜?」
こーすけ「なんだよ」
フジ「俺らもそろそろ風呂入るよな〜?」
キヨ「当たり前でしょ」
ヒラ「うん!」
こーすけ「そうだな、準備するか」
あなた「え?ん?はい?え?」
フジ「あ、安心して!女子風呂と男子風呂あるから!」
あなた「あ!よかった!!」
フジ「めちゃ広いよ〜!」
あなた「やったぁ!!じゃ、入ってくる〜!」
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
フジ「なぁ、これさ、上繋がってんだよ。なんかやらない?コソコソ」
キヨ「いいね〜。ん〜どしよ」
ヒラ「なんか言ってる?」
こーすけ「ん?どれどれ」
あなた「....あっちゃいなよ、浮気されろ、近づいても(実際の曲なのでここまで)」
キヨ「激うま」
フジ「それな?このまま聞いてよ?」
あなた「とヒロインなら綺麗で王子様にチヤホヤされるんでしょ芋女のわたしも...(同様)」
ヒラ「えぇ!歌うますぎるわ。もう、ずっと聞いてるよ。」
こーすけ「ここまで上手いとは...」