無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第1話

〜〜①〜〜
あなた「痛いっ...です...。もう辞めてください、、、」
女子「うるさいんだけどww目障りwww」
女子2「あのさぁwwうざいからww帰っとけよ」
??「俺らさぁ」
女子1「何?うざいよねww」
???「そういうことするやつ、無理なんだよね。」
女子2「え、え、王子様じゃないですかぁ?」
女子1「え?いたんなら言ってくださいよぉ?気づかなかった〜。」
キヨ「そういうのいいから、どけろよ。」
女子1「え、ひどぉ〜い。フジ様は優しいですもんね?」
フジ「あ、おれも無理だから。」
女子2「....っ!ヒラ様は癒し系王子様ですものね!優しくないわk」
ヒラ「うるさい。人いじめるなんてひどいよ」
女子1「も、もうぅ!こうすけ様は優男だもの!」
こうすけ「みんなにそういうこと言ってるんでしょ?」
女子2「も、もう、行こ?」
キヨ「邪魔だよ。さっさと行け。」
あなた「あ、ありがとうございます」
ヒラ「メガネ割れちゃってる...。大丈夫?」
あなた「だ、大丈夫です。」
フジ「貸しな?後で買ってあげる。」
あなた「いや、大丈夫です。全然大丈夫なので、」
こうすけ「三つ編みも毛出てるし、ボサボサだよ?」
キヨ「あ、いいこと思いついた♪」
みんなに向かって小声で伝える
フジ「了解でぇす」
ヒラ「OKOK!」
こうすけ「任せろ」
キヨ「せーの!!!」
あなた「ひゃっ...。」
キヨ「ほ〜ら、顔隠さないの!見せて?」
周りの女子「ねぇ、あなたがキヨ様とイチャイチャしてるよ...」
あなた「いやです...。眼鏡返してください!!」
フジ「む〜り。顔見せたら返す」
ヒラ「ほら!み〜せ〜て!」
あなたはそっと顔から手を離す
こうすけ「ほら〜可愛いんだからさ」
あなた「いや、全然全然、お世辞...辞めてください」
キヨ「お世辞じゃねぇよ」
あなた「あ、いや、あの、あの、あ、ありがとうございます」
フジ「今日カラオケ行かない?放課後」
ヒラ「いいね!」
こうすけ「いいじゃーん」
あなた「あ、はい」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー