無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話
1,009
2020/08/10

第4話

3話 たろりside
たろりside
ガラガラぴしゃっ
たろり
たろり
はぁー
やっと帰ってくれた
ドキドキで死にそうだった
僕は拓也が好きだ、
あの笑顔、あの優しさが大好きだった。
たろり
たろり
また勃ってる
いつもそうだ。
拓也が家に来るといつも勃ってしまう。
あの匂いのせいで、
ぶーぶーぶー
たろり
たろり
良平さぁ~ん
きむにぃ
きむにぃ
どーした?また江口くん来たの?
たろり
たろり
そ~なんですよ~
たろり
たろり
また勃っちゃったんですけど///
きむにぃ
きむにぃ
可愛いなぁそーいうとこ
きむにぃ
きむにぃ
待っててすぐに迎え行く
ぶちっ





この人は木村良平さん。僕のよき先輩であり、セフレでもある相手だ
もちろん、二人には言っていない。
言ってしまったらたぶんっていうかぜったいきもがられるから
良平さんとはカラダの付き合いだけ
本気じゃない。
小学校からの関係はぜったい壊したくはないから必死に隠している。







































この関係だけはぜったい壊したくはない