無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第30話

翔side🔞
俺は見てしまった。








































櫻井翔
櫻井翔
ただいまぁー
シーン
櫻井翔
櫻井翔
あれ?あなたー!リーダー!
シーン
櫻井翔
櫻井翔
リビングにもキッチンにも居ない.....
2階か?
2階に上がるとリーダーの声が聞こえた。
ただいまって言ったのに反応しないって何してんのか?って思って音を出さないように、そっとリーダーの部屋のドアを覗けば見えるくらい開けた。そして覗いてみると.....
大野智
大野智
じゃあ挿れるね
リーダーのベットにあなたとリーダーがいた
櫻井翔
櫻井翔
(は!?)
俺は頭が整理出来なくて、1回覗くのをやめて、深呼吸を何回かしてからもう一度見た。
あなた

んあああっ!

櫻井翔
櫻井翔
(まじかよ...)
挿れた瞬間を見てしまった。
大野智
大野智
ほら....すんなり入ったじゃん。
誰とヤったの?
櫻井翔
櫻井翔
(え?)
俺はリーダーの言葉を聞いて耳を疑った。
すんなり入った?誰とヤった?
.....てことは、他の誰かとヤってたってこと?
そしてあなたの口からでた名前は......











ニノと潤















俺は混乱したけど
あなた

ああっ!...んんっ!

櫻井翔
櫻井翔
.....
あなたの喘ぎ声に耳を傾けずにはいられなかった。
そうしたら自分のがムクムクと起き上がってきてしまって
仕方なく、あなたの喘ぎ声を聞きながら、廊下で1人でシてしまった。
あなた

んあっ!ああっ!

櫻井翔
櫻井翔
はっ...んっ....ああっ...
リーダーとあなたは2ラウンドして、俺も十分ヤれて廊下で自分のを下着から出したまま、一息ついたその時だった。




















ガチャ
大野智
大野智
......何してんの?










バレてしまった