無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第32話

櫻井翔
櫻井翔
ふぅ...
(着替えさせられた...)
あなた

ん...

櫻井翔
櫻井翔
(起きる前に出よ...)
ガチャ
櫻井翔
櫻井翔
(誰もいねぇよな.....よしっ!)
松本潤
松本潤
あ、翔くん。
櫻井翔
櫻井翔
うわぁっ!
松本潤
松本潤
何びっくりしてんの?笑
櫻井翔
櫻井翔
(よかったバレてなさそう)
あ、ゼリー作ったの?美味そう
松本潤
松本潤
ゼリーならあなたでも食べれるかなって思って。
櫻井翔
櫻井翔
ああ.....あ!
(やっべ、あなたに熱出してることにしてってって言うの忘れた....)
松本潤
松本潤
どうしたの、急に大きな声出して?
櫻井翔
櫻井翔
あ、いや、何でもない....
松本潤
松本潤
ともー?入るよ?
あなた

はーい

松本潤
松本潤
どう?具合は?
あなた

具合?ってえっと.....なんのこと?

櫻井翔
櫻井翔
(ああ.....終わった...)
松本潤
松本潤
え?熱出してるんじゃないの?
あなた

熱なんか出てないけど笑

松本潤
松本潤
翔くん?どういうこと?
櫻井翔
櫻井翔
いや、その......
大野智
大野智
ちょっとふざけて松潤のこと騙そうとしたの。ねぇ翔ちゃん?
(もう、翔ちゃんのバカ!)
櫻井翔
櫻井翔
そ、そうそう!
(ナイス!兄さん!)
松本潤
松本潤
ふーん。
(怪しいな....)
あなた

.....ねぇ、ちょっと明日話したいことあるんだけど仕事入ってる?

櫻井翔
櫻井翔
あー....多分みんな空いてるよ
あなた

じゃあ明日朝ごはん食べたらちょっと話してもいい?

大野智
大野智
分かった。
(な、なんだろう)
作者
遅くなってすみません!