第11話

10
554
2023/08/14 16:43
健人
俺、スーツ脱いでくる 
と健人は自室に行ってしまい

リビングには 私と風磨さん の2人





どことなく気まずい雰囲気が流れる






風磨
あなたちゃん元気してた ?
先に口を開いたのは風磨さんだった


あなた
わたし、いっつも元気ですよ笑
風磨
最近暑いからさー、夏バテとか気をつけるんだよ?
風磨さんこんな時でも優しいんだな 
あなた
わたし強いので!夏バテなんかなりません笑 !
風磨
そう!その意気 笑笑笑笑
風磨さんは私の方を見ながらケラケラ笑っている



風磨
ねえあなたちゃん、少し聞きたいことあるんだけどいい?
風磨さんは珍しく真剣に私の方を見つめる
あなた
ん、大丈夫 です 笑
風磨
家出した理由ってさ アザ 関係ある ?、



まさか風磨さんにまで
言われるとは思ってなくて





あなた
、えっと 、
風磨
言えないなら大丈夫、聞かないから 笑
なんて言えばいいのか分からなくて
言葉が出てこなくて
私、また人に迷惑かけてるなって
自然に涙が溢れてくる


風磨
んちょ!!ごめん! 泣かないで 大丈夫だから!!
風磨さんは慌てて私の方に駆け寄り、優しく背中をさすってくれる






昔のことを思い出すと
ここに居ていいのか不安になって
いつもこうなる、私が悪いんだよ






あなた
ごめ、 んなさい 、 
風磨
大丈夫  落ち着いて 、 深呼吸ね
こんな私にも風磨さんはとても優しい言葉をかけてくれる
どんだけできる人なんだ 、笑
と感心するほどの優しさだった
あなた
もう大丈夫です 、 わざわざごめんなさい 、
風磨
いや、俺が聞いたのがまずかった 笑
あなた
いえ、わたしも 、
風磨
あなたちゃんはここに居ていいんだよ 
あなた
え ?、
風磨
過去に色々あったのは大体わかった 。
けどね、迷惑なんかじゃない、中島もそう思ってる
あなた
ありがとう、ございます 、
あなた
とりあえずご飯だけだしちゃうので、食べてってください 
あなた
寝室で休んできます 笑 、
風磨
うん、無理すんなよ !!絶対だよ ?
と風磨さんは何かあったらいつでも連絡してと
私とLINEを交換してくれた





私、このままじゃダメなんだな

プリ小説オーディオドラマ