プリ小説

第5話

好きだけど…










私は今、同じクラスの藤枝君に片思い中。









































だけどね、藤枝君には可愛い彼女がいるの



















「ピッ」 塾の受付カウンターで塾生カードをおしてから中に入る、いつもの席に座ろうとすると同級生の寺島テオくんが来た
テオくん
テオくん
あのさ!あなたっ!
あなた

なによ?

思わず身がまえるとテオくんが真っ白な歯を見せ教室中に響きわたる声で言った。
テオくん
テオくん
俺と、付き合おうぜ?







私はそのひまわりみたいな笑顔を何秒か見つめながら…
あなた

ムリ

テオくん
テオくん
えー、










軽い気持ちで言われても…。



















困る…。



















好きってそう言うことじゃないじゃん。




















しかも…。

















藤枝君に聞かれちゃったし?

















って、藤枝君はどうも思ってないよね…。

















だって、可愛い彼女がいるんだもん…

























次の日


























後輩)) 先輩!お先に失礼します!
あなた

うん、またね!









黙々と掃除をする…。

















わたしは特定のグループには入らない。

















部活でも話しかけたら喋る。
















LINEでも、ゆなちゃんとしかやらない。

















他の人に教えたら、くだらないものが送られてくる


















トラブルにも巻き込まれるに違いない


















周りの子も私がそんな感じな事を知ってる


















だからほうっておいてくれる

















それは助かる…。




















同級生))私たち用事あるから帰るねー!
あなた

OK!またね!















掃除を終えて帰る準備をする




キララ))あなたちゃん?
あなた

ん?もう帰っていいよ?

キララ))そうじゃなくて…。今日ちょっとみんなおしゃべりばっかりしてたじゃん?あなたちゃん注意してくれない?
あなた

えっ?わたし?




キララ))だって、あなたちゃん1番しっかりしてるし?お願いねっ!お疲れ様








部室の鍵を閉め外に行く
 




















昔っからいつもそうだ。

















体が大きいから私はいつもしっかりしてる子と思われて、いつも皆から頼りにされてしまう。
























1人でチャッチャとやっちゃうからそう見られるのかもしれない。

















まぁ、断れない私が悪い。



















東校舎の渡り廊下を藤枝くんとかすちゃんが2人で歩いてるのを見かける
















あなた

(うわ、最悪)












私はサッと目をはなした。














なのに…聞きたくもない声が耳に入ってくる


















あなた

(あー、最悪な一日だ…)






よし、今日はYouTubeでも見て元気出そう!



















って言っても、残念ながら塾だ…。
あなた

((英語の予習出来てないし、さっとご飯食べて早めに行こっと!))

あなた

ただいまー!





弟))おかえりぃー!
あなた

何この部屋?





見渡すと粘土が散らばっている



















お母さん))粘土で作って暴れちゃってwww


















なんでそーなんの?
あなた

もう、私が片付けるからお母さんご飯の準備して、着替えたら塾行かないと!






お母さん))それがね。まだご飯の用意出来てなくて、どっかで買ってきてくれる?
あなた

また?






お母さん))ごめんね、
















家を出てコンビニでご飯を買う…




















外に出ると、藤枝くんがいた。


















じんたん
じんたん
あれ?あなたさん?
あなた

あっ!藤枝くん!
まだ帰ってなかったの?

じんたん
じんたん
そう、ちょっとねwww

















まぁ、あれから彼女とおしゃべりしてたんだろう。















じんたん
じんたん
もう塾行くの?
あなた

まぁね、
ランチスペースで食べようと思ってwww

じんたん
じんたん
そっか、 
テオくん
テオくん
何、2人で仲良くしゃべってんの?😢
あなた

べ、別に仲良くなんかしてないし////

じんたん
じんたん
そう、あそこのコンビニで会って、
テオくん
テオくん
そっか、 もう塾だよ?藤枝!
じんたん
じんたん
あっ、そうだね!俺ここのマンションだからさ、また塾でねー!
あなた

うん、またね!










すぐそこの塾に向かう























テオくん
テオくん
待ってよ!
あなた

((無視

テオくん
テオくん
ねー、行く場所同じなんだしさ〜
あなた

私、ご飯まだ食べてないんで、










ピッ!











ご飯を食べ終え席に座る。
























先生)) 「はい、今日はここで…。」
















あなた

(よしっ今日の内容は好きなとこだし次のテスト楽しみだな。)








「ピッ」 塾を出る。
テオくん
テオくん
なー、あなた帰ろうよー!
あなた

大丈夫、一人で帰るから。

テオくん
テオくん
なんで、藤枝と喋んのに俺と喋んないの?藤枝のこと好きなんだろ?

Σ:(;゙゚'ω゚'):ギクッ 図星だし…
あなた

別にそんな訳じゃないし

テオくん
テオくん
なんで、嘘つくんだよ!自分に正直になんないの?
あなた

ウッ(涙)









それから、いつもテオくんが相談にのってくれた!
















前までは藤枝くんの話ばっかりだったのに、
















いつしか、友達の話とか…

















テストの結果とか…
















ゆなと変わんないくらいの関係になってた。


















そして…。月日が経って…













バレンタインの日















テオくん
テオくん
ねー、俺にはバレンタインくれないのー?
あなた

はいっ!しょうがないあげるよwww

テオくん
テオくん
開けていい?
あなた

たいしたもの入ってないよ?

テオくん
テオくん
うわぁ!クッキーとマカロン?すごーいっ
あなた

そんなことないよ

テオくん
テオくん
知ってる?マカロンって愛してるって意味wwwクッキーは友達って意味!って事は…。愛してる友達?www
あなた

www

テオくん
テオくん
ねー、俺と付き合ってください!
あなた

えっ?

テオくん
テオくん
俺はその… 友達としてもあなたのこと好きだけど…。 恋愛として好き

















もしかしたら…
















私テオくんが好きかも…。
















馬鹿で、面白くて、少し変わってるけど…

















好き♡
あなた

うん、いいよ、

テオくん
テオくん
マジー!やったぁぁぁ💕
あなた

そんなに?

テオくん
テオくん
うんっ!✨












それから、テオくんは私の彼氏になった。
















すぐに喧嘩して、

















すぐ仲直りして、
















まだまだだけど…。


















私達はこんなスタイルでいい気がする…


















少し変わったカップルでもね、

















みんな人それぞれだもんねー♡

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

♡ ま か ろ ん ♡
♡ ま か ろ ん ♡
( 11 , 11 )名前変更しましたー! もともと、「ちー」「ちさと」って呼んでた人そのままで!OK 仲良くなったらっ、「ちー」って呼んで!w コメントで絡んでね!! 認知します〜 ─────────────────────────── 💗みさちゃぁ~ん 好き!!だーいすきっー! 💗あんなちゃーんっ! いつもあんがとね!感謝しか無いっ!w