無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第14話

愛華と亜紀のLINE
家に帰って、愛華と亜紀はLINEをしていた。
新谷愛華
新谷愛華
「亜紀ぃー、どうだった?
お化け屋敷と観覧車♡」
三石亜紀
三石亜紀
「どうって……
お化け屋敷では唯月くんの新しい一面を見れた。」
新谷愛華
新谷愛華
「ほぉ」
三石亜紀
三石亜紀
「観覧車では…よかった。」
新谷愛華
新谷愛華
「えっ!?よかったって?何っ!?」
三石亜紀
三石亜紀
「えっと……」
新谷愛華
新谷愛華
「もしかして、手繋いだ!?」
三石亜紀
三石亜紀
「うん………♡」
新谷愛華
新谷愛華
「きゃーーー!やったね!!!
これで、両思いじゃん!!!」
新谷愛華
新谷愛華
「思い切って、告ったら???」
三石亜紀
三石亜紀
「それは!まだだよ……」
三石亜紀
三石亜紀
「それより、愛華の方はどうだったの!?」
新谷愛華
新谷愛華
「…………」
三石亜紀
三石亜紀
「えっ?キスしたの!?」
新谷愛華
新谷愛華
「うん、それも普通のキスじゃない…///」
三石亜紀
三石亜紀
「えっ!?どんな?」
新谷愛華
新谷愛華
「なんていうか……普通のキスよりもっと深い感じていうか、今までした事ないキスだった///」
三石亜紀
三石亜紀
「えーーー!!!舌入れられた?」
新谷愛華
新谷愛華
「うん………////」
三石亜紀
三石亜紀
「きゃーーーー!!!」
三石亜紀
三石亜紀
「よかったね!!!」
新谷愛華
新谷愛華
「うん♡」
三石亜紀
三石亜紀
「愛華ちゃん、伸くんとお泊まりする時は気をつけなよ!」
新谷愛華
新谷愛華
「!!!」
新谷愛華
新谷愛華
「も、もう寝るから!!!
バイバイ!」
三石亜紀
三石亜紀
「バイバーイ(笑)」