無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第31話

球技大会4
2人は空き教室にいた。
まだ別の競技の試合がやってるため校舎内には人がいなかった。
新谷愛華
新谷愛華
伸!どうしたの……ンッ!
伸は強引にキスをした。
新谷愛華
新谷愛華
……ンッ……アッ……///
大門 伸
大門 伸
……………
新谷愛華
新谷愛華
………………ハァ
そして最後に
大門 伸
大門 伸
ギュッ………
ハグをした。
新谷愛華
新谷愛華
………………
大門 伸
大門 伸
……………
新谷愛華
新谷愛華
試合中のことで怒ってるの?
大門 伸
大門 伸
っ…………
新谷愛華
新谷愛華
私は大丈夫だから
大門 伸
大門 伸
でも、あいつら愛華のことを…………
新谷愛華
新谷愛華
私は伸がその事について怒ってくれて嬉しいよ
新谷愛華
新谷愛華
だって、それだけ大事にしてくれてるってことでしょ?
だから嬉しい。ありがとう!
大門 伸
大門 伸
……………
新谷愛華
新谷愛華
ほら、もう怒らないで!
大門 伸
大門 伸
愛華も気をつけろよ…………
新谷愛華
新谷愛華
はいはい(笑)
大門 伸
大門 伸
…………大好き
新谷愛華
新谷愛華
私もだよ。大好き!
2人は手を繋いで体育館に戻った。
横井唯月
横井唯月
あ、来たっ!!!
三石亜紀
三石亜紀
全競技終わったから表彰式するって!!!
新谷愛華
新谷愛華
オーケー!伸、行こっ!
大門 伸
大門 伸
あぁ!
そして、球技大会は幕を閉じた。