無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第13話

観覧車
横井唯月
横井唯月
うぉーーーー!
結構高い所まできたね!
三石亜紀
三石亜紀
…………
横井唯月
横井唯月
亜紀ちゃん?
三石亜紀
三石亜紀
…………
横井唯月
横井唯月
亜紀ちゃん、もしかして……
高所恐怖症?
三石亜紀
三石亜紀
じ、実はそうなの………。
横井唯月
横井唯月
まじ!?俺、知らなくて……
ごめん!!!
三石亜紀
三石亜紀
いや、全然いいの!
私も克服したいって思ってたし!!!
三石亜紀
三石亜紀
(ジンクスのことなんて言えない!)
横井唯月
横井唯月
………
横井唯月
横井唯月
じゃあ、手繋いでてあげる。
三石亜紀
三石亜紀
えっ!?
唯月は亜紀の手をとった。
横井唯月
横井唯月
克服したいんでしょ?
三石亜紀
三石亜紀
う、うん。ありがとう……(////)
(ジ、ジンクスが………)
横井唯月
横井唯月
うん(/////)
(亜紀ちゃん、ここのジンクス知ってるのかな…)
そして、手を繋いだまま頂上到達した。
新谷愛華
新谷愛華
………可愛いなぁ
大門 伸
大門 伸
……愛華、そんな見てたらバレる。
愛華と伸は見ていた。
2人はお化け屋敷を出てからの亜紀と唯月の行動を全部見ていた。
そして、観覧車に乗るように仕向けたのだ。
新谷愛華
新谷愛華
ねぇ、この観覧車のジンクスて本当なの?
大門 伸
大門 伸
あぁ、調べたら出てきたぞ。ほら!
伸は愛華にスマホを見せる。
新谷愛華
新谷愛華
ほんとだぁー!!!
新谷愛華
新谷愛華
唯月くんはジンクスのこと知ってるの?
大門 伸
大門 伸
さっき、LINEでジンクスのことを伝えておいた。
新谷愛華
新谷愛華
ナイス!
大門 伸
大門 伸
フッ!
新谷愛華
新谷愛華
ねぇ、手繋いでていい感じじゃな~い
もう頂上だし!
大門 伸
大門 伸
…………
新谷愛華
新谷愛華
しんー?
新谷愛華
新谷愛華
わっ!?
伸が愛華を引っ張った。そして、キスをした。
新谷愛華
新谷愛華
………ンッ……
大門 伸
大門 伸
…………
新谷愛華
新谷愛華
……フッ………アッ……
大門 伸
大門 伸
…………
新谷愛華
新谷愛華
はぁ(//////)
大門 伸
大門 伸
(ニヤニヤ)
新谷愛華
新谷愛華
長いっ!
大門 伸
大門 伸
これで一生一緒だね!
新谷愛華
新谷愛華
っもう!
そんなことしなくても一生一緒だわ!
大門 伸
大門 伸
…………ばーか
新谷愛華
新谷愛華
はぁ!?
大門 伸
大門 伸
愛してる
新谷愛華
新谷愛華
うっ、もう……
同じだし。


横井唯月
横井唯月
あ、おーい!
しんーーー!愛華ちゃーん!
新谷愛華
新谷愛華
あ!亜紀!唯月くん!
三石亜紀
三石亜紀
愛華ーーー!
大門 伸
大門 伸
もうこんな時間か。
そろそろ帰ろう!
新谷愛華
新谷愛華
そうだね!
大門 伸
大門 伸
じゃあ、また
新谷愛華
新谷愛華
またねー
三石亜紀
三石亜紀
またー
横井唯月
横井唯月
バイバーイ
伸と愛華、亜紀と唯月は一緒に帰っていった。