無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第15話

伸と唯月のLINE
伸と唯月達もLINEをしていた。
横井唯月
横井唯月
「なぁ、あのジンクスてほんと?」
大門 伸
大門 伸
「あぁ、調べたら出てきたぞ!」
横井唯月
横井唯月
「なら、いいけど……」
大門 伸
大門 伸
「手、繋いだのか?」
横井唯月
横井唯月
「うん……なんか、よかった」
大門 伸
大門 伸
「www」
横井唯月
横井唯月
「し、伸は愛華ちゃんとキスしたのか?」
大門 伸
大門 伸
「したぞ。それも、今までしたことないやつ(笑)」
横井唯月
横井唯月
「伸、お前……意外とグイグイ系なんだな」
大門 伸
大門 伸
「はぁ?」
横井唯月
横井唯月
「長年の片思いが叶ったからってあんまりグイグイ行くなよ?」
大門 伸
大門 伸
「ハイハイ(笑)」
横井唯月
横井唯月
「あと、お前愛華ちゃんとお泊まりする時、気をつけろよ?」
大門 伸
大門 伸
「うーん、なるべくおさえる(笑)」
横井唯月
横井唯月
「おい………(笑)」
大門 伸
大門 伸
「お前もがんばれよ。三石と!」
横井唯月
横井唯月
「うっ、わかってるよ!」