無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第67話

その後の伸と唯月のLINE
横井唯月
横井唯月
「伸、そうえばバイトどうなったんだ?」
大門 伸
大門 伸
「もう、終わったよ」
横井唯月
横井唯月
「お!じゃあ、金溜まったんだな!」
大門 伸
大門 伸
「あぁ、完璧だ!」
横井唯月
横井唯月
「お前、御曹司なのに、わざわざ働かなくても良かったんじゃないのか?」
大門 伸
大門 伸
「いや、自分で稼いだ金で買いたいんだ。」
横井唯月
横井唯月
「こ、こいつは………
伸、頑張れよっ!」
横井唯月
横井唯月
「絶対に愛梨ちゃん、喜ぶはずだ!」
大門 伸
大門 伸
「そうだといいけどな……」
横井唯月
横井唯月
「お前、もしかして緊張してるのか!?」
大門 伸
大門 伸
「当たり前だろ!男にとってあれをするのは相当勇気がいるんだぞ!?」
横井唯月
横井唯月
「まぁな~
でも、俺はお前らなら大丈夫だと思うけど」
大門 伸
大門 伸
「そうか?」
横井唯月
横井唯月
「あぁ、伸も愛華ちゃんもお互いぞっこんだしwww  相思相愛じゃん!」
横井唯月
横井唯月
「頑張れよっ!」
大門 伸
大門 伸
「あぁ、色々とありがとな!」
な、なんだこの会話は!?
怪しい匂いがする………