無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第61話

脱走
新谷愛華
新谷愛華
ハァハァ……………
結構走ったけど、もう大丈夫だよね?
新谷愛華
新谷愛華
しっかし、ヒールで走るのは大変だなぁ。
脱走する時も転びそうで危なかったし、やっぱり高すぎるヒールはあまり好きじゃないな~。
新谷愛華
新谷愛華
さて、ここはどこだろう!
愛華は無我夢中で走ってたため迷子になった。
新谷愛華
新谷愛華
ほんと、ここどこ?……………寒すぎる
新谷愛華
新谷愛華
制服、置いてこなくて良かったぁ!
カーディガン着よ………
新谷愛華
新谷愛華
カバンごと持ってきたからスマホもあるはず…………あった!充電少なすぎ……
新谷愛華
新谷愛華
えっと、私の現在地は………え!?ここ通学路じゃん!しかも、ちょっと行ったらあの高台だしwww
暗すぎてわかんなかったよ~
とりあえず、高台なら見つからないと思うからそこにいよ!


新谷愛華
新谷愛華
あーーーー、寒い………
カーディガン着ても寒い!
さすがに冬にドレスはきついなぁ。
新谷愛華
新谷愛華
充電少ないし、これからどうしよっかなぁ
新谷愛華
新谷愛華
はぁ………


大門 伸
大門 伸
愛華……どこだよっ!
大門 伸
大門 伸
ん?電話………
大門 伸
大門 伸
《もしもs………》
三石亜紀
三石亜紀
《伸くんっ!!!》
大門 伸
大門 伸
《お、おう………》
三石亜紀
三石亜紀
《愛華ね、あの転校生の家にいるかもしれないっ!》
大門 伸
大門 伸
《は!?転校生て継川か!?》
三石亜紀
三石亜紀
《うんっ!友達がね、帰りにあいつの車に乗る愛華を見たって!》
大門 伸
大門 伸
《は!?》
三石亜紀
三石亜紀
《でも、様子が変だったらしくて、黒ずくめの男に抱きかかえられて車に入れられてたって。その隣であいつが喋ってて…………怪しいよね。》
大門 伸
大門 伸
《と、とりあえず、継川の家に行ってくるわっ!》
三石亜紀
三石亜紀
《なんかあったら、また電話してね!》
大門 伸
大門 伸
《あぁ、サンキューな!》
大門 伸
大門 伸
………継川の家か!
あいつ、もしかして愛華を拉致したか!?
大門 伸
大門 伸
クソっ…………
大門 伸
大門 伸
あ、ここあの高台だ…………
ここにいるわけないよな。愛華は継川の家にいるんだし………………
大門 伸
大門 伸
一応、行ってみるか………