無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

自己紹介
朝のホームルームが始まった。
先生
先生
私はこれから3年間君たちの担任をする「松井」だ。よろしく。
では、前の窓側の席の人から順に自己紹介しろー。
クラスメイトA(女子)
クラスメイトA(女子)
……………………です。
よろしくお願いします!
クラスメイトB(男子)
クラスメイトB(男子)
………………です。
よろしくー
三石亜紀
三石亜紀
み、三石亜紀ですっ!
よ、よろしくお願いしますっ!
男子:「かわいい~」「彼女にしてぇ~」
女子:「男子うるさい~」
「亜紀ちゃん固まってるじゃーんwww」
三石亜紀
三石亜紀
…………(うぅ泣)
三石亜紀
三石亜紀
(恥ずかしい…………)
先生
先生
静かにしろー!次!
新谷愛華
新谷愛華
はい!
新谷愛華
新谷愛華
新谷愛華ですっ!
よろしくね!!!
男子:「めっちゃ可愛い…」「彼女にしてぇ…」
「1度でいいから抱きたい……」
大門 伸
大門 伸
💢💢💢
女子:「めっちゃ美人……」「美少女……」
「学校一でしょ……」
男子:「好きなタイプはーーー!?」
「彼氏いるのーーー!?」
「付き合ってーーー!!!」
大門 伸
大門 伸
💢💢💢
新谷愛華
新谷愛華
えっと、好きなタイプは……
愛華は伸を見て言った。
大門 伸
大門 伸
(ん?)
新谷愛華
新谷愛華
優しくて、面白くて、かっこよくて、強くて、背が高くて、頼りになる人です!(ニコッ)
大門 伸
大門 伸
(/////)
男子:「かわいっ……」「笑顔まじ天使……」
「最高……」「同じクラスでよかった…………」
女子:「美人だ」「うん、美人」「美少女」
「かなわないな」
新谷愛華
新谷愛華
あと、彼氏は……います!
男子:「まじかよ……」「だ、誰!?」
新谷愛華
新谷愛華
(これって言ってもいいの!?)
大門 伸
大門 伸
(………………まあ、いいだろ)
新谷愛華
新谷愛華
と、隣にいます……
全員:「隣!?」
大門 伸
大門 伸
………………(汗)
先生
先生
おい、お前らいい加減にしろー
次のやつーーー!
大門 伸
大門 伸
……大門伸です。よろしく
男子:「ここにも顔面偏差値高いやつが……」
「負けるわ……」
女子:「キャーーー」「めっちゃイケメン♡」
「好きなタイプはーーー!?」
「彼女いるのぉ!?」
大門 伸
大門 伸
好きなタイプは…………
伸は愛華を見て言った。
新谷愛華
新谷愛華
(…………)
大門 伸
大門 伸
優しくて、可愛いくて、面白くて、差別しずみんなに平等な子だ。(ニコッ)
新谷愛華
新谷愛華
(し、伸……/////)
女子:「何あの笑顔!?」「ギャップ萌え」
「私、頑張ろっかな!」
大門 伸
大門 伸
彼女は隣にいる。
そう言うと伸は席に着いた。
全員:「え、彼女いるの?」「つか、隣て…」
「愛華ちゃんも言ってたよね……」
「まさか…………」
新谷愛華
新谷愛華
つ、付き合ってまーす
大門 伸
大門 伸
………………
全員:「えーーーー!!!」
三石亜紀
三石亜紀
愛華ちゃんと大門くん、付き合ってたの!?
新谷愛華
新谷愛華
うん、中学卒業からね~(笑)
横井唯月
横井唯月
俺はなんとなく気づいてたけどね~
練習試合の時もたまに伸から相談受けてたしぃwww
大門 伸
大門 伸
唯月うるさい。黙れ。
新谷愛華
新谷愛華
えっ?伸が相談?どうしたの?
大門 伸
大門 伸
えっ!?あ、いや、
なんでもない……(///)
横井唯月
横井唯月
こいつねぇ、愛華ちゃんのこと相談してたんだよ~www
新谷愛華
新谷愛華
私!?
大門 伸
大門 伸
いやっ、そのー……
告白のことで相談を
してたんだよ………(///)
新谷愛華
新谷愛華
へ、へぇー、
そ、そうなんだぁー……(///)
三石亜紀
三石亜紀
(唖然)
全員:(唖然)
横井唯月
横井唯月
www
先生
先生
お前ら、ほんとにいい加減にしろ!!!
次のやつ早く!時間がなくなるぞ!
横井唯月
横井唯月
はいはーい!
横井唯月
横井唯月
横井唯月でーす!
よろしくね~
男子:「こいつもイケメンかよ……」
女子:「やば!」「イケメン!」「チャラそう!」
全員:「つか、このクラス顔面偏差値高いやつ4人も
いるじゃん!!!」



何とか自己紹介が終わった。
先生
先生
この後は集会がある。それが終わったら今日の学校は終わりだ。
集会で寝ないようにな~
全員:「はーい」