無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

399
2018/09/12

第3話

山田王子と
山田涼介
自己紹介が終わったようなら、私がこのお城をご案内致します。あなた姫!
私に着いてきてください
あなた

はい

なんか緊張する
山田涼介
こちらですよ
あなた

あっ!はいっ!

山田涼介
まずこちらがあなた姫のお部屋です。
あなた

えっ?!ホントですか?

山田涼介
はい
部屋なんか貰えるの?すごい✨
山田涼介
それでですね、こちらがHey! Say! JUMPのお部屋、あちらがKing & Princeのお部屋となっておりますので、何かありましたら遠慮なく来てくださいね!
あなた

はいっ!

あなた

あの…ちなみに、王子様達の個人の部屋ってあったりするのですか?

山田涼介
ありますよ
山田涼介
King & Princeは、左から岩橋王子、岸王子、神宮寺王子、髙橋王子、永瀬王子、平野王子、Hey! Say! JUMPは、右から有岡王子、伊野尾王子、岡本王子、髙木王子、知念王子、中島王子、八乙女王子、薮王子、山田王子となってます。
あなた

そうなんですね。教えていただきありがとうございます!

山田涼介
いえいえ
山田涼介
他に何か聞きたいことはございますか?
あなた

大丈夫です。

山田涼介
わかりました。
そうしましたら、次の場所へとご案内致します
あなた

はい

すみませんm(_ _)m
以下略します
山田涼介
どうでしたか?
あなた

すごく広くてびっくりしました

山田涼介
もし、道に迷ったりしてしまったら、どの王子でもいいので聞いてください
あなた

わかりました