無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

316
2021/06/21

第3話

3
あなたside
美優
美優
お嬢様行ってらっしゃいませ。
(なまえ)
あなた
行ってきます。


車で送ってもらうより歩いた方がいい。


私は裕福な事を隠しているが、多分知られてる。


寄り道だってしてみたい。


でもいつどこで生徒が見ているのかわからない。


親にもしられてはいけない。


足が重いのを気づかないフリをして進む。
(なまえ)
あなた
はぁ…


無意識に出てしまったため息。
長尾謙杜
長尾謙杜
かーいちょ!
(なまえ)
あなた
わっ、!


後ろから元気な声がして振り返ると長尾謙杜。
(なまえ)
あなた
おはよう、長尾君。
長尾謙杜
長尾謙杜
おはよう、あなたさん!!
(なまえ)
あなた
ふふっ、今日も元気だね
長尾謙杜
長尾謙杜
あなたさんも今日も美って感じやよ!
(なまえ)
あなた
ありがとw


長尾君は同級生で同じ生徒会役員。


元気で明るい子、


長尾君も私の裏なんて知らない。


こうやって微笑んで笑ってるのも演技ということも。


美か……


見た目だけじゃない?