無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

343
2021/06/20

第2話

2
あなたside


朝起きて下に行く。


お母様もお父様ももう居ない、か


何故か、安心してる自分もいる。
美優
美優
おはようございます、お嬢様
(なまえ)
あなた
美優さん、おはようございます


美優さんは私達の家政婦さん。


他にもいるけど、主にやってもらっている。
美優
美優
朝食できたので持ってきますねっ
(なまえ)
あなた
はい
美優
美優
お嬢様、敬語じゃなくてよろしいですよ
(なまえ)
あなた
いえいえ、歳上なので
美優
美優
本当に素晴らしいですね
美優
美優
お嬢様は
(なまえ)
あなた
ありがとうございます

私は全然素晴らしくなんかない。


そんなわけがない。
美優
美優
あっ、できました。
(なまえ)
あなた
はい、
(なまえ)
あなた
ご馳走様でした。
美優
美優
お粗末様でした。
(なまえ)
あなた
着替えてきますね、
美優
美優
かしこまりました


ガチャ


自分の部屋に入り、クローゼットを開けると


制服が目の前にある。
(なまえ)
あなた
はぁ…


何故制服が出ただけでため息がでるんだろ


何故制服を見ただけで憂鬱に感じるんだろう
(なまえ)
あなた
早く着なきゃ