無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

251
2021/07/14

第5話

5
あなたside


準備が終わって本を読んでいたら、
阿部ちゃん先生
阿部ちゃん先生
あなたの名字、ちょっといいか?
(なまえ)
あなた
あ…はい
阿部ちゃん先生
阿部ちゃん先生
ごめんな、本読んでる途中なのに、
(なまえ)
あなた
いえ、


そういい連れてかれたのは職員室。


そしてそこにはイケメンな男の子が立っていた。
阿部ちゃん先生
阿部ちゃん先生
この子は転校生。
道枝駿佑
道枝駿佑
道枝駿佑です。
阿部ちゃん先生
阿部ちゃん先生
あなたの名字は生徒会長だし、同じクラスだから道枝を頼むな!
(なまえ)
あなた
…ッ、はいニコッ


また、生徒会長だからって


何回も言われてきた。


勝手な偏見。なんなのよ
道枝駿佑
道枝駿佑
……
阿部ちゃん先生
阿部ちゃん先生
ありがとう、あなたの名字戻っていいよ
(なまえ)
あなた
はい、失礼しました。
ガラガラ


教室に戻って本を読む
長尾謙杜
長尾謙杜
ねぇねぇ、さっきなんで呼ばれたん?
(なまえ)
あなた
うふふ、後からわかるよ
阿部ちゃん先生
阿部ちゃん先生
はーい、みんな座れ〜


先生が呼びかけてみんな座る。
阿部ちゃん先生
阿部ちゃん先生
今日は転校生を紹介します!


そう言った途端教室がザワザワ騒ぎ出す。


転校生が来たからなんなの。


どうせなにも変わらないくせに。


迷惑かけなければ、まぁ、どうでもいい。